山の水場で その①

雨が上がったので,久し振りに水場へ。
この日は太陽が出ていたけれど,
風が強くて,とても肌寒かった。

大声で囀りながら近づいてくるのに
警戒心が強くて,なかなか水場には降りてこなかった。
クロツグミ♂が,ようやくやって来た。
水場の貴公子然としてかっこいい。
Kuro01





黄色のアイリングと嘴がよく目立つ。
Kuro02





木々の枝葉が茂っているので,
天気が良くても暗い。
ISOを3200にしても動きが止まらなかった。
Kuro03





地元で見るときは,はるか彼方の豆粒。
ここでは,10m以内で見られる。
オオルリ♂のブルーは暗い水場の雰囲気にピッタシ。
Ruri01


Ruri02





水場のオオルリ。
Ruri03





ひと風呂(?)浴びて,水もしたたる良い男に。
Ruri04





毛繕いの真っ最中。
Ruri05





なんとも地味なオオルリ♀だ。
この個体は特に黒みが強かった。
Ruri06





♂と同じで,胸より下の方は白っぽい。
鳥は大体♂だけ囀るのが多いけれど,
オオルリは♀も囀るらしい。
それにしても,なんとも地味な色をしている。
Ruri07


とにかく寒かった。
そのせいなのかどうかしれないけれど,
あのうるさいソウシチョウがあまりやって来なかった。
常連のウグイスもあまり見なかった。

メマトイだけは,やたら多くて,本当にイライラさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブッポウソウ

小雨の中を出かけてみた。
ブッポウソウのつがいがやって来ていた。
巣作りの最中のようだった。

雨がそぼ降る中,
ずっと一緒にとまっていたブッポウソウ
Bp01




幸いにも雨がやんで,
1羽が近くにとまってくれた。
車の中から差し出したレンズが気になるようだ。
Bp02





こんなひょうきんな格好も。
Bp03





大体がケーブルにとまっていることが多かったけれど,
時々餌を探しに地面近くまでやって来た。
Bp04





ぱっと開いた風切りの根元の水色がきれいだ。
Bp06


Bp07





ケーブルにとまっては,虫を見つけて飛び出し,
♂はせっせと♀に貢いで(?)いた。
求愛行動の後に交尾が始まった。
絶好のシャッターチャンス!
けれど・・・肝心な時に・・・ピントがどこかへ行ってしまった。
必死で連写したのに・・・。
Bp08



餌を貢いで口移しにあげている姿。
喉を膨らまし背中を伸ばす求愛行動。
みんな,しっかり撮した。
そして・・・
みんな,しっかりピンボケ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東与賀 5/30

渡りが終わり干潟は閑散としていた。
カウント不可能なほどいたハマシギが・・・
うじゃうじゃいたダイゼンが・・・

シギチは,合わせて200羽未満だった。
一番多かったのがダイゼンの62羽。

ところが,嬉しいことに
2羽のサルハマシギがいてくれた。
Saru01





盛んに歩き回っては餌を探していた。
たくさん食べて,力を付け渡って行くんだろう。
Saru03





ハマシギと比べてもほぼ同じ大きさ。
体型もよく似ている。
お互いに,「お友達」と思っているんだろうか。
Saru02





ダイゼンはほとんどが若鳥だったけれど,
1羽だけ夏羽の成鳥がいた。
だから,殊更きれいに見えた。
Daiz





3羽いたオバシギの内の2羽。
Oba





メダイチドリの小群もいた。
Medai





やけに色白のトウネンを見つけた。
別の鳥みたいに見えた。
Tone





ダイシャクシギに混じって数羽のホウロクシギがいた。
羽の色合いが違うので判別できるのだけれど,
羽を広げると違いは歴然。
いつ見ても模様がきれいだ。
手前に(ぼんやりと?)休んでいるのはダイシャクシギの幼鳥。
Horo


シギチの少なさにびっくりするような干潟だった。
しかし,これだけ少なければ,カウントも判別も楽ちんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念なヤイロチョウ

先日,ジュウイチが止まり木にやって来るのを1日中待っていた。
それも,木の枝に登ったまま。
早朝から何時間も登っていて空腹になったので
下界(?)で朝食をして,森を少し歩き回った。

そのとき,近くでヤイロチョウの鳴き声が聞こえてきた。
聞きようによっては,「ホヘン,ホヘン」と聞こえる声。
(実際は,もう少し濁音が混じっているように思う。)

赤松の枝で鳴いていた。
姿が見えないので,すぐ下までそっと近づいた。
こちらが見えているはずだけど,逃げ出さない。
相変わらず,狂ったように鳴き叫んでいた。
Yairo01





どうやっても,横からの姿を捕らえるのは無理だった。
だから,鮮やかな赤い帯だけは,しっかりと見えた。
Yairo02





同じ場所にとまって,何度も何度も鳴いていた。
かなりの大声だ。
Yairo03





鳴くのに疲れて(?),ちょっと毛繕い。
Yairo04


八色鳥と言うけれども,
お腹の方からしか見られなかったので,
五色くらいしか見せてくれなかった。

この日は,とうとうジュウイチはやって来なかった。
だから,思わぬ出会いに万歳だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュウイチ

あの特徴的な声を聞いたことはあったけれど,
ついぞ顔を拝んだことはなかった。

しかし,ある名人のおかげで,
ついに見ることができたジュウイチ
名人作の止まり木にやって来た。
ホトトギス,カッコウ,ツツドリなどとは腹の色が全然違う。
尾の先端の太い黒帯,はっきりくっきりの黄色アイリング。
Ju01_2





ジュイチー,ジュイチー,ジュイチー,
だんだんとキーが上がっていく。
そして最後には,
そこまで声を出すと喉が破れるよと言うくらいの絶叫だ。
Ju02





このアイリングを見ていると,コチドリを思い出す。
後頸には白っぽい斑が見える。
Ju03





自分の頭の幅より大きく口を開けて叫ぶ。
ところで・・・何のためにこんなに必死で鳴いているのだろう?
縄張り宣言とは思えないし,メスを呼んでいるのかな?
Ju04





この森では,托卵相手のオオルリを始め,
アカショウビンやヤイロチョウの声も聞こえていた。
また,ちょっと悪声のこの鳥,カケスの声もよく聞こえた。
Kake


この森で初めての経験をした。
何しろ,地上5mオーバーの樹上でシャッターを押したのだ。
それも,かなり難易度の高い(?)姿勢だった。
子供の頃に帰ったみたいで結構面白かったけれど,
枝が揺れて,ブレブレ写真の量産をしてしまった。

お世話になった皆さん,ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベニバト

いくつかの義理を果たして,少し時間ができたので,
ちょっとだけ遠出をした。

ところが,
探しても,回っても,何にもいなかった。
(結構な数のバーダーには出会ったけれども・・・。)

もう諦めて帰る途中,最後に立ち寄ったところで,
ようやく,出会いがあった。
やれやれだった。

久し振りのベニバト成鳥♂。
耕作前の水田で餌を探し回っていた。
Beni01





喉から胸の辺りは若干白っぽく見える。
Beni02





後頸には,かなり広い黒い横帯が見えた。
Beni03





以前,地元で撮った画像を再掲する。
ドバトと比べると,
ベニバトはかなり小さな鳩だと言うことが分かる。
Beni04





キジバトと並んでもこんな具合。
ベニバトは,こぢんまりとした可愛い鳩だ。
Beni05





あまりにも鳥の姿が見えず声さえ聞こえないので,
チョウにも目を向けてしまった。
路傍のアザミの花にとまってくれたアサギマダラ
見事な色をしている!
Asa





湿った道路で集団吸水をしていたルリシジミ
飛翔時に垣間見るブルーがきれいだった。
Ruri





鳥の代わり(?)にトンボも撮った。
金属光沢がきれいだったカワトンボの♂。
Kawa





林縁では,テイカカズラの花が甘い香りを漂わせていた。
Teika


もうそろそろチゴモズが渡る頃だと思って出かけたのだけれども,
地元の達人によると,まだ若干早すぎるのだという。

またの機会を楽しみにしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オウチュウ

鳥見をしながら通ったはずの道に,
オウチュウがいるとの知らせ。
知人からの連絡に慌て引き返してみると,
久し振りのオウチュウだった。
01





暗い枝にとまっていると,
よく探さないと見つけられない。
風切などに,褐色味があるので若い個体かも知れない。
02





枝にしばらくとまっては,飛び出して
虫をフライングキャッチ。
飛び出しはどうにか取れたけれど,
フライングキャッチは,うまく撮れなかった。
03





枝のてっぺん辺りにじっととまって,
休んだり,毛繕いをしたりしていた。
羽毛を膨らませているので,別の鳥みたいに見える。
04





近くのフェンスの鉄条網にも時々やって来た。
切れ込んだ尾が,とてもスマートに見えた。
05


自分では見過ごしていたオウチュウ。
わざわざ教えていただいてありがとうございました。
おかげさまで,オウチュウのフライングキャッチを堪能できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラアカハラ

植物園ではバラが見事に咲き誇っていた。


Rose01





出会い頭のカラアカハラ♀だった。
とにかく,目の前に突然ぬっと現れたので,
驚かさないように,静かに連写した。
久し振り。
Kara01





慌てていたので,撮してる時はアカハラと思っていた。
背面が撮れていなかったので,
知人にも確認して貰った。
Kara02





園内には,きれいなラベンダーがあった。
手入れが良くて,立派に繁っていた。
Lav





キビタキには複数個体出会った。
声もあちこちから聞こえてきた。
マミキビがやって来ていないかと探したけれど・・・。
Kibi01





愛想の良いコサメビタキもいた。
Kosame





園内には,ピンクのワットソニアが咲いていた。
白花をよく見かけるけれど,
このピンクが好きな花の一つだ。
Wat





センダイムシクイが枝の中でチョロチョロしていた。
エゾやメボソの鳴き声も聞いたけれど,撮れなかった。
本当はキマユを探しに来たのだけれど,駄目だった。
時期が違うのかなあ?
Sendai01





「ムシクイ」の名に恥じず,しっかり捕まえていた。
Sendai02





エナガの群れの中に幼鳥が混じっていた。
なんとも言えない羽毛をしていた。
怪我でもしたような赤いまぶた(?)がよく目立つ。
Enag


天気も良く鳥もまあまあ,と言うわけで,
ヒロちゃんは,花と鳥の1日を過ごしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見島探鳥記 '18

野鳥の会の仲間たちと,見島へ出かけた。
5.4~5.6,2泊3日の旅。

今年は,八町八反がにぎやかだった。
同じ水田の周りを離れないハシグロヒタキ♀がいた。
距離もかなり近いので,しっかり撮影できた。
Hasiguro01





すっくと立った姿がきれいだった。
Hasiguro02_2





もう十分に堪能したので,
場所を変わろうとして歩き出すと,
突然,目の前の道路にやって来た。
だから,(しようがないので?)また撮影した。
とにかく,警戒心がとても薄い個体だった。
Hasiguro03





水田の端に生えている柳の木には,
コホオアカがいた。
枝の茂みに入り込んで,なかなか手強かった。
他にも,シマアオジやノジコやキマユホオジロが,
いるとか,いたとか・・・。
Koho





ちょっと離れたところで出会い頭のキマユホオジロ
久し振り。
キマユだらけだった内院を思い出した。
Kimayu





磯浜にセキレイを探しに行ったら,
チュウシャクシギキョウジョシギに出会った。
両方とも干潟でよく見る鳥だけど,
波の上を飛ぶ姿は格別だった。
こうやって渡って行くんだね。
Tyukyou





山道で見かけたエゾビタキ
最近は,車がやたらと増えて,
歩きながらの鳥探しが難しくなった。
Ezo





林道で見かけた逆光のコサメビタキ
Kosame





繰り返し僕等の周囲に現れたブッポウソウ
2羽が交代で人間をからかいにやって来た。
残念ながら,なかなかとまってくれなかった。
どうにか撮れた1枚。
Bupo





宇津への道で見かけたコムクドリ
始めは離れていた2羽だったが,
♂(右)の方が近づいていってこんな風に。
Komuku





砂浜には,タイワンハクセキレイとハクセキレイがいた。
昨年はキガシラもいたのだけれどね。
Taiwan





見島を離れる日,ムシクイの群れが入ってきたようだった。
付近の松林で見かけたセンダイムシクイ
虫探しに夢中で,随分同じ場所にいた。
Sendai


鳥合わせ。

マガモ,カルガモ,カイツブリ,ウミウ,ウミネコ,オオミズナギドリ,
アカガシラサギ,アマサギ,コサギ,チュウサギ,ダイサギ,アオサギ,オオバン,
ウズラシギ,タカブシギ,アオアシシギ,セイタカシギ,キョウジョシギ,チュウシャクシギ,
キアシシギ,オグロシギ,イソシギ,
ミサゴ,ハチクマ,トビ,ハヤブサ,チョウゲンボウ,ハイタカ,
カラスバト(声),キジバト,ツツドリ(声),セグロカッコウ(声),ブッポウソウ,カワセミ,
ツバメ,コシアカツバメ,ショウドウツバメ,イワツバメ,(ムネアカツバメ)
セキレイ,キセキレイ,(タイワンハクセキレイ),コルリ(声),ジョウビタキ,
ハシグロヒタキ,サンコウチョウ,イソヒヨドリ,ツグミ,シロハラ,ヒヨドリ,
ウグイス,センダイムシクイ,エゾムシクイ,キビタキ,コサメビタキ,エゾビタキ,
メジロ,スズメ,キマユホオジロ,コホオアカ,アオジ,(シベリアアオジ),
カワラヒワ,ノジコ,ムクドリ,コムクドリ,ハシボソガラス,ハシブトガラス

機材を背負って,3万歩以上がんばった日もあった。
疲れも残らなかったので,なんとなく自信がついた探鳥行だった。

お世話になった,皆さん,
楽しい日々をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東与賀 5/1

干潟の鳥たちは見違えるようになっていた。
連休に入ったこともあり,カメラマンも多かった。

メダイチドリは,好きな鳥の一つ。
特に,この時期の姿はきれいだ。
Med





最近春にも見かけることが多くなったオオメダイチドリ
メダイチドリに比べて,立派な嘴をしている。
ほぼ夏羽のようだ。
Omed





多くのカメラマンを引きつけていたサルハマシギ
ド派手な色で目立っていた。
周りのトウネンと同じようにすぐに休憩モードに入る。
Saru





オオソリハシシギの群れもいた。
Osor





この鳥を見つけると,なんとなく得したような気になる。
コオバシギ
Koba





ようやくオグロシギを見つけた頃は,陽炎が・・・。
おまけに,手前にはダイゼンが邪魔に入った。
Ogur





こちらのオオハシシギも陽炎の中。
Ohas





夏羽になったトウネンの大群がやって来ていた。
これはほんの一部。
1羽だけ冬羽らしいのを見つけた。
はじめは,別の鳥と思って喜んでしまった・・・。
Tone





ウズラシギの群れもいた。
Uzur





夏羽になっても,真っ赤になったりはしないクロツラヘラサギ
成鳥は,部分的に若干色付くけれど,
この日見たのは,1羽をのぞいて幼鳥だった。
Kuro





干潟がシギ・チで賑わっている頃,
沖合に浮かんだ流木の上にいたコアジサシ
どうやら,つがいらしく,
他のコアジをとまらせないように威嚇していた。
Koaj


この他に干潟で見たシギ・チ。

シロチドリ,ミヤコドリ,ダイゼン,
ハマシギ,オバシギ,アオアシシギ,キアシシギ
ダイシャクシギ,ホウロクシギ,チュウシャクシギ

以上でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コホオアカ etc.