東与賀 4/18

福江島探鳥をちょっとおいといて・・・。

東与賀では,オオソリハシシギが300+と聞いた。
見事に鮮やかな色になってきた。
きれいな♂だ。
Osr01





こちらは,♂と♀がサシでにらめっこ(?)。
Osr02 





鮮やかな色のコオバシギを2羽見かけた。
(別の所にもう1羽。)
仲良く2羽でいるからには,つがいだと思うのだけど,
どっちが♂なんだろうね?
Kob





オバシギとのツーショット。
コオバと言うから,若干小さめ。
それにしても,対照的な色をしているもんだ。
Kobob





クロツラヘラサギも,婚姻色になってきて,
フサフサの冠羽も目立っていた。
何ごとか叫んでいるのが,約1羽。
嘴の様子から見ると,若い個体らしい。
Krtrh 





ズグロカモメの幼鳥がかなり残っていた。
その一方で,頭の黒くなった成鳥はほとんど見かけなかった。
繁殖地へと渡って行ったのだろうか。
Zg





ユリカモメもズグロカモメたちと一緒に行動していた。
Urk 





ところで,ミヤコドリの冬羽と夏羽は,
どこがどう違うのだったか,はて?
Myk

この他に,今日見た鳥たち。

シロチドリ,メダイチドリ,ムナグロ,ダイゼン,キョウジョシギ,
トウネン,ウズラシギ,ハマシギ,エリマキシギ,オオハシシギ,
アオアシシギ,キアシシギ,ソリハシシギ,
ダイシャクシギ,ホウロクシギ,チュウシャクシギ
(ミユビシギ,オグロシギもいたそうな・・・)

セグロカモメ,ヘラサギ,ダイサギ,アオサギ
ツクシガモ(カモには気が回らなかったので・・・)

以上でした。

| | コメント (0)

福江島探鳥記 ①

以前から気になっていた福江島に行ってきた。
純然たる観光で一度出かけたことがあったけれど,
遠い遠い過去のことで・・・,何も覚えていなかった。
とにかく,対馬や野母崎で鳥が出るなら,
ここもヤッパリ出るだろう,という思いの探鳥行だった。

行ってみたら,地形は対馬とよく似ていた。
唯,対馬ほど道路はぐにゃぐにゃでないように感じた。
(南部の方に一か所あったけれど・・・・。)

福江島在住の方のブログを参考にしながら,
主に水田地帯とその周囲で鳥を探した。
至る所で見かけたのは,ノビタキ
とにかく愛想良しの鳥だった。
これは,きれいな♂だ。
Nb01_2





この個体が特に愛想が良かった。
カメラを持って歩くと,先回りでもするかのようについてきた。
Nb02





これは,小雨降る中で正面顔だ。
Nb03





これは,表示板の上ですまし顔。
Nb04 





海沿いの道で車を走らせていると,突然目の前に,
つがいらしい2羽のコジュケイだ
車をそっと止めて・・・カメラを持って・・・そっと車を降りた。
人間に知り合いなどいないらしくて,
不思議そうな顔してこちらを見ていて逃げ出す様子もない。
2羽を同時に,と言うわけにはいかなくて,こちらだけ撮った。
Kg01





人間を恐れるどころか,
目の前で大声を出し始めた。
ちょっとこい!ちょっとこい!のけたたましさ。
♀だって,こんなに叫ぶんだね。
Kg02 





ひとしきり騒ぎ立てたら,おもむろに道端の茂みに入っていった。
後ろ姿は,腰がひどく露出したみたいな模様をしている。
Kg03





今回は,ムクドリにも期待していたのだが,
コムクドリを一度見ただけに終わった。
Kmk


五島まで来て,なんと初めてコジュケイをゲットできた。
思えば,しょっちゅう声を聞くけれども,撮影できなかった。
目の前にヒョイと出てきた時には,手ぶらで・・・。
なぜか縁がない鳥だった。

| | コメント (0)

ホオジロハクセキレイ

最近,色々と雑事が重なって,
更新をサボっていた。

とりあえず,
最近見た鳥で一番きれいだったのは,
ホオジロハクセキレイだった。
黒と白のコントラストが見事だ。

Jiro01_1

 




「何しているの?」,とでも言いたそうな顔つき。  

Jiro03





草むらを走り回って,クモを捕まえた。

Jiro02





ホオアカが,枯れ草の中からこちらを見ていた。 

Hoo





かなり夏羽になったノビタキにも出会った。 

Nobi





アカハラが,シロハラと一緒に遊んでいた。

Aka





いつ見てもきれいなイソヒヨドリ♂。

Iso





まだ渡っていないチョウゲンボウ♂にも出会った。

Choge


山野でも,干潟でも,渡りが始まっている。
これからどんな鳥に出会うのか,楽しみだ。
ライフリストが,たった一つでも良いから増えないかな~・・・・。

 

| | コメント (0)

東与賀 4/24


春の渡りが始まったようで,シギチの種類が増えてきた。
それに,モノトーンだった鳥たちが,少しずつ色づき始めた。
これからは,もっと楽しくなる。

オオソリハシシギが,増えていた。
少しずつ夏羽に変わりつつある。
Osori





オオハシシギも5羽見かけた。
脚の色をしっかり見たけれど・・・残念。
Oha





ちょっとだけ夏色のコオバシギが1羽いた。
地味色で見過ごすところだった。
Koba





コアオアシシギが,餌を探してちょこちょこ歩き回っていた。
Koao





遠目にはアカアシシギかと思ったけど,
潮で寄ってきてツルシギだと分かった。
6羽見かけた。
Turu





この冬の間見かけられた個体かも知れないけれど,
エリマキシギが歩き回っていた。
Eri02





上とは別の個体。
同じくエリマキシギだけれど,脚の色が違う。
Eri01





やっと,名前本来の姿になってきた。
頭が黒くなったから,本当の,ズグロカモメだね。
あちらこちらに,うようよ。
Zuguro

この他に,干潟で見かけたシギ・チ。

シロチドリ,メダイチドリ,ダイゼン,トウネン,ハマシギ,アオアシシギ,
オグロシギ,ダイシャクシギ,ホウロクシギ,チュウシャクシギ
ミヤコドリ

他には
クロツラヘラサギ,ヘラサギ
セグロカモメ etc. ・・・・

以上でした。


 


 

| | コメント (0)

アカハシハジロ

干拓地に,50ha弱のカモ池がある。
広すぎて,カモが多すぎて,お手上げの場所だ。
アカハシハジロがやってきているのは知っていたけれど,
撮すのはあきらめていた。
元気も根気も不足しているし・・・。

と言うことだったけれど,今日はついていた。
久し振り,アカハシハジロの♂。
嘴が見事な赤に輝いていた。
Aka01





体も大きい方なので,強がるのも人一倍。
他のカモが近づいてくると,時々威嚇(?)していた。
Aka02





10分ほど休憩しては嘴をちょっとだけ出して・・・,
という繰り返しだった。
この時は,さっと毛繕いをした。
最後に羽ばたきを・・・,と思って期待したけど,
ハズレだった。
周りには,休憩中のホシハジロ。
Aka03





こんな風に嘴を隠して休憩してる時間の方が長かった。
それでも,こんな色の頭をしているカモはいないので,
これを目当てに探せば見つけやすい。
赤い嘴が見えさえすれば,一発で発見できるのだけどね。
Aka04_2





休憩中の後ろ姿。
しかし,休憩と言っても,眠っているわけではなくて,
足は水中で動かしているようで,体をくるくる回していた。
目を開けていることも多いようだった。
Aka05





ホシハジロの♀と♂を従えて。
Hoshi





近くを通りかかったマガモの♂と♀。
後の♂が盛んに求愛をしていた。
Maga_2





オカヨシガモの♂。
地味だけれど,きれいな模様をしている。
Oka_2





コオリガモのような尾をしたオナガガモの♂。
キリッとしてかっこいいね。
Ona_2





この池には,おそらく数千羽のカモが集まっている。
既述のカモ以外にも,カルガモ,コガモ,スズガモ,
キンクロハジロ,ハシビロガモ,ヒドリガモ等がいる。
カモ猟が終わったので,今はカモたちの楽園だ。
Duck_3


干拓地をあちらこちらと探し歩いても,
めぼしい鳥はいなかったけれど,
最後に訪れたところで,
久し振りにアカハシハジロに会えた。
今日は,なかなかの1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サカツラガン

まるで,つがいみたいに仲良く見えた。
2羽は,いつも離れずに行動していた。
マガンの方が保護者ではないかと思えるほど,
いつも首を伸ばして周囲の状況を観察し,
警戒を怠らなかった。

飛び立つときもマガンの方が先導し,
その後を,サカツラガンがついて行く。
顔だけ見れば,サカツラガンの方が強そうだけれどね。
Saka02





嘴と頭の形が明確に違っているのが,
遠目にもはっきりとしている。
サカツラガンの方は,ヒシクイのような形をしている。
そして,頭や頸の色の違いもよく分かる。
サカツラガンは,次列風切を換羽中のようだ。
Saka03





降りているときは,結構な距離があったけれど,
飛び立ってからカメラの近くにやって来て,
ラッキーだった。
Saka04


初めてのサカツラガンだった。
今年の初見第1号。
次は,シジュウカラガンを見たい!

それにしても,何でこんなにべったりとしているのだろう。
仲間ではないとは分かっているだろうけれども。
群れからはぐれた者同士助け合っているのか,
はたまた,道ならぬ恋・・・
まさかねえ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノスリ

小鳥を探しに近くの山へ行ったけれど,
声はすれども姿は見えずという感じで,
とにかくじっと待っていた。

突然上空に,2羽のノスリが現れた。
ズームを手持ちで追いかけた。

こちらは羽に破損がほとんどなくて,
きれいな個体だった。
ノスリの若い♀かな?
N01





こっちを睨んでいるようで・・・。
N02


N03





方向転換の時の姿勢がかっこいいね。
N04





もう1羽のノスリ。
こちら方は,風切りが欠損していたり,
尾羽がボロボロになっていたり。
No101





こちらの方が♂なのかなと思ったけれど,
こちらも,どうやら♀のよう。
No102


ノスリは,青空に悠然と浮かんでいた。
肝心の青い小鳥はとうとう見られなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベニマシコ

この冬は,ベニマシコをよく見ていないので,
いつもの場所に出かけると,
先客が多かった。

なかなか姿を見せなかったけれど,
しばらくして,4羽でやって来てくれた。
しかし・・・・遠かった。
それでも,久し振りで赤い鳥を見たので嬉しかった。
きれいなベニマシコの♂だった。
Beni01





遠い上に,こんなグチャグチャの中にいて,
なかなか,納得の絵にはならなかった。
Beni02





紅猿子と言うだけあって,顔にはきれいな紅色があった。
♀も一緒に行動していたけれど,うまく撮れなかった。
Beni03






フィフィという声を頼りに姿を探すと
ウソ(亜種アカウソ)の群れを見つけた。
ご馳走の新芽を食べていた。
アカウソの赤もきれいだ。
Uso01





口の中で器用にむいた殻(?)を,ボトボト落としている。
ちょっとだらしなく見えるなあ。
Uso02


今年は,冬鳥が少ないように思える。
アトリの群れの少ないのが特に目につく。
ここにやって来るベニマシコの数も少ないようだ。

そして,この冬もマヒワの黄を見ないで終わりそうだ。
一体どうしたんだろう?
町の中の公園で毎年見たこともあったのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷の鳥たち

観光の分を含めたら,
10回くらい北海道に出かけたのだけれど,
あの雪まつりは見たことがなかった。

北海道は雪と氷の世界だった。
ススキノで氷の鳥に出会った。
後の彫刻がかぶって,ちょっと見づらいのだけれど,
ヤマセミだ!
餌まで咥えている。
01





オオワシかな,オジロワシかな?
右後ろには,ハクチョウが。
02





この鳥なんだろう?
瞬間て,何だろう?
03





ホウオウ(鳳凰)らしい。
まだ撮したことがない鳥だ!
04





ヤギの角かなと思っていたら,フェニックス(不死鳥)だと。
05





夜はライトアップされて,ご覧のとおりに。
なにせ,道路の中央に作られた展示場なので,
夜だけ歩行者天国になる。
06





大通公園での,スターウォーズの世界。
(鳥とは完全に無関係)
07





これは,どこかの国の宮殿らしい。
でかかった!
ものすごい量の雪が必要だったろうな。
08





これが,夜になるとこんな風に。
きれいだけど,指先と頬が凍った。
09





雪像と映像のコラボレーション。
見事だった。
動き出すようだった。
11





氷の鳥たちにモビングしに来たハシブトガラス
(本当は,ゴミあさりです。)
鳥の色は,北に行くほど淡くなると言うことだけれど,
うちの近くに住んでいるのと同じく黒色だった(?)。
12





雪像を見学に来たユキスズメ(?)。
13


北海道に着いたら,運良く(?)大寒波がやって来た。
ラーメン横町で行列して,やっとのことで店に入ったら,
周りはみんな外国人だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイチュウ

暇を見つけては,あちらこちらと干拓地巡り。

いつもの場所でハイイロチュウヒ♂に出会った。
出会うと嬉しくなる鳥なんだけども,
日の出直後で曇り空で,
おまけに,ちょっと距離まであって・・・。
Haityu011





いつ見ても,すごみのある目付きだ。
Haityu021





ハイイロチュウヒの♀も見かけた。
腰の白や尾羽の横紋がよく目立つ。
しかし,遠い。
Haityu031





2羽の♀が並んで飛んでいた。
Haityu041





湾で,ホオジロガモの♀を見かけた。
♀は頬白ではなく,嘴の先の淡色が目立つ。
近くにきっと♂がいるはずだと思って探したけれど見当たらず。
Jiro





近くにはカンムリカイツブリが浮かんでいた。
白い顔にルビーのような目がきれいだ。
Kanmuri





初めは随分遠くに浮かんでいた。
多分コブハクチョウだろうと思って双眼鏡で見ると,
嘴が黒く見えた。
ひょっとして,ひょっとするかもと思って,必死で撮影した。
ずんずんずんと近づいてくるのだった。
はっきり見えるようになったら,嘴のこぶが見えた。
何だ,ヤッパリ・・・。
しかし,なぜか嘴は黒っぽい。
若鳥なんだろうか?
Kobu





地元で(初めて?)冬越ししているナベヅル
親子ではないだろうか?
無事に北へ旅立ってくれると良いが。
Nabe


ナベヅルは,出水に行けば,ワンサカ見ることができる。
諫早にもかなりの数がいる。
しかし,なぜだか地元にはほとんどやって来ない。
今まで,2度,途中休息している個体を見たことはあったけれど,
今回のようなことは初めてだ。
来年も,こんな風にして見られると嬉しいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コクマルガラス