« 近所の鳥たち | トップページ | ウミアイサが気になる »

出水のツル

1月10日

 身近なところも見直そうと思っていた矢先に,急にツルを見たくなって,はるばる出水まで遠征してしまった。先日の決心が・・・。
 観察センターには,夜明け前に到着したので,まさか誰もいないだろうと思ったら,連休のせいかもしれないが,かなりの車が駐車していたのでびっくり。
 まだ明け切らない空に,ツルの声がする。ツルを保護するために囲いをしてあるところに行くと,続々と,どこからかツルが編隊を組むようにしてやって来た。
100110mana

 ツルが続々とやってくるので,囲いの中は,ツルだらけ。声も結構うるさい。一番多いのは,ナベヅル。これは,大きな音に緊張しているところ。少し色が違う幼鳥もいる。
100110nabe1

 驚いて飛び立ったときには,ちょっと大げさに言うと,もう空じゅうツルだらけといった感じ。
100110nabe2

 落ち着いたときのナベヅルは,このとおり。
100110nabe3

 2番目に多いのが,マナヅル。
100110mana1

 ひとりの時は,こんな感じで。
100110mana3

 ナベヅル,マナヅルの他に,数羽の珍しいツルが来ていた。カナダヅルは,ずいぶん遠かったので,証拠写真程度の写り具合。
100110canada

 クロヅルは,他のところでしっかり写したことがあるので探さなかった。ソデグロツルも多分来ていると思うのだが,見つけきれなかった。何せ1万匹を超えるツルの中に混じっているのだから・・・。残念。
 ツルの他にも,初見の鳥に出会った。まず,ホシムクドリだ。電線に止まっていた。3羽いるようだった。ムクドリと大きさは同じくらいだが,模様は実に大胆だ。
100110hosimuku

 ニュウナイスズメもいた。近寄ってもあまり逃げなかった。普通の(?)スズメと違って,集団でいても,チュンチュン騒がないようだ。1羽だけ,何故か普通の(?)スズメも混じっていた。
100110nyuunai

 マミジロタヒバリ(多分)が,ツルの囲いの中で,餌をあさっていた。スズメより小さい。
100110mamijiro

 鳥を探して,堤防の所に行ったら,沖の海苔網(?)のタケの支柱の上で,厳しい顔をしたミサゴがいた。
100110misago

 今日は,ツルの数に圧倒された。
 さて,明日は天気が下り坂と言うことなので,ちょっと心配。とはいうものの,はるばる出水くんだりまでやってきたのだから頑張るぞ。 
 

|

« 近所の鳥たち | トップページ | ウミアイサが気になる »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出水のツル:

« 近所の鳥たち | トップページ | ウミアイサが気になる »