« マガンがいた | トップページ | キクイタダキの黄 »

キンクロハジロ

2月14日

 今日は,黒髪少年自然の家で,親子対象の観察会があるというので,お手伝いに出かけた。小学生たちは明るく元気だったが,何しろ大人数で山道を回るので,鳥たちに敬遠されたようで,出演者が少なかった。それでも,メジロやシロハラなどが出てくる度に,大人も子供も,興味津々といった感じで観察してくれた。
 久しぶりに,自然の家の昼食をお世話になって,帰り道でアオジを見かけた。水路に水でも飲みに来たようだった。
100214aoji

 以前,たまたま見つけた池にカモ類がいて,そのときは撮影できなかったので,帰り道に行ってみた。
 まず目についたのは,真っ黒で,額板の白さだけが目立つオオバンだった。50羽ほどが,陸地にあがって草を食べていたが,カメラを持って近づいたので,池の方へ一斉に逃げ出した。
 それにしても,こんなにたくさんのオオバンを一度に見たのは,初めてだった。
100214oban

 沖の方に,キンクロハジロの群れがいた。昼過ぎだったのでほとんどが休憩中だった。やはり,黒い羽に黄色の目玉と後頭部になびいた冠羽が印象的だ。本当に久しぶりに撮影した。
100214kinkuro

 カンムリカイツブリもいた。レンズを向けるとすぐに潜る。
100214kanmuri

 池の周りの葦原で,プチプチ皮をむく音がしたので,ツリスガラかなと思っていたら,セッカだった。久しぶりに見た。
100214sekka

 池の近くの河口に,トビがいた。止まっている物がおもしろかったので写した。これは何だろう。船の安全通行ための標識かな?
100214tobi

 今日は,ここまで。

|

« マガンがいた | トップページ | キクイタダキの黄 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンクロハジロ:

« マガンがいた | トップページ | キクイタダキの黄 »