« キクイタダキの黄 | トップページ | ルリビタキの青 »

干潟の賑わい

2月28日

 ずいぶん暖かくなってきた。野原も,色づいてきた。子供の頃は,田んぼはレンゲソウのピンクでいっぱいだったが,最近では,ホトケノザのピンクしかみられなくなった。
100228hotoke

 今日,日本一の干潟・有明海が,賑やかだった。
 クロツラヘラサギが,互いに毛繕いをするのを初めて見た。何組も。1羽しかいないヘラサギも,クロツラヘラサギと毛繕いをしていた。
100228kurotura

 潮が満ちてきて,飛び立っていった。純白が,空に映える。
100228kurotura2

 今日は,ダイシャクシギの数が多かった。
100228daisyaku

 飛び立った。
100228daisyaku2

 セグロカモメも多かった。
100228seguro

 ハマシギの大群が,飛び立つと,いつまでも旋回するので,壮観だ。集団が,一つの生き物みたいに,形を変える。
100228hamasigi

 近くを飛ぶときは,本当にすごい。
100228hamasigi2

 水面には,オナガガモ,ツクシガモ,マガモなどが浮かんでいて,ミサゴは,我関せずといった様子で,竿の先に止まっていた。
100228misago

 3月を迎えて,これから,鴫,千鳥も種類が増え,すます賑やかになるので,楽しみだ。

        ★ おわびです!★

 2月27日のブログが間違っていた。「マガモの白化個体」だと思っていたが,アイガモかあるいはアオクビアヒルではないかと指摘してもらった。
 図鑑やインターネットの写真・記事などで調べ直したところ,マガモではないということが分かった。よくよく思い出せば,体が,一緒にいたヒドリガモよりかなり大きかったことと,ずいぶんと近寄って撮影しても飛び立たなかったことなど,思い当たることもあった。
 アイガモかアオクビアヒルか,については,とうとう分からなかった。
 どなたか,ご存じの方は,どうぞ教えてください。
      

|

« キクイタダキの黄 | トップページ | ルリビタキの青 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 干潟の賑わい:

« キクイタダキの黄 | トップページ | ルリビタキの青 »