« オオルリが帰ってきた | トップページ | ノジコ,コウライキジ-対馬探鳥記2 »

アカガシラサギ-対馬探鳥記1

4月28日

 ついに,念願の対馬へやって来た。
 早朝に,カーフェリーで比田勝に着き,鳥を探して回った。
 はじめにさえずりながら出てきたのは,ムネアカタヒバリだった。初見。
100428muneaka

 次に,よく見ると,コホオアカがしれっと出てきていた。これも初見。
100428kohooaka

 ツメナガセキレイも出てきた。もちろん初見。この三つは,同じ畑にほぼ同時に出てきた。
100428tumenaga

 探鳥しているときに,「対馬の通信使さん」(後で分かった)から,アカガシラサギがいるということを聞いて,急いで出向いたら,耕したばかりの水田で,餌(ミミズ(?)を獲っていた。赤い羽毛が,まるでライオンのたてがみのようにも見えた。初見。もう二度と見られないかもしれない。(?)
100428akagasira1

 後ろ姿。
100428akagasira2

 餌を見つけて,忍び足。
100428akagasira3

 ところで,このアカガシラサギのすぐ横に,あまり動かないコシャクシギがいた。初見だ。首を縮めているので,はじめは,なんだか分からなかった。くちばしの形から,間違いないと思う。渡ってきたばかりで,余程疲れていたのかもしれない。
100428kosyaku

 近くの水田に,マミジロツメナガセキレイがやってきた。これまた,初見だ。ツメナガセキレイによく似ているが,白い眉斑が目立っている。
100428mamijirotumenaga

 コウライ(高麗)キジの鳴き声が,あちらこちらから聞こえてきた。メスしか撮影できなかった。もちろん初見。
100428kourai_2

 ビンズイがいた。
100428binzui

 オオルリのメスがいた。オスは見あたらなかった。
100428oruri

 対馬は,すごいところだ。佐賀では簡単には見られない鳥たちが,次から次へと,なんでもない場所に出てくる。ほんとうに,興奮の1日だった。
 また,宿泊した旅館も良かった。ご主人が鳥好きで,夕食後は,鳥とレンズの話で盛り上がった。


  

|

« オオルリが帰ってきた | トップページ | ノジコ,コウライキジ-対馬探鳥記2 »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカガシラサギ-対馬探鳥記1:

« オオルリが帰ってきた | トップページ | ノジコ,コウライキジ-対馬探鳥記2 »