« ヨタカを見た | トップページ | さびしくなった干潟 »

干拓地の鳥たち

5月15日

 更新が遅くなってしまった。

 干潟に行ったら,シギやチドリの数が激減していた。渡っていってしまったのだろう。ずいぶんとさびしくなっていた。
 クロツラヘラサギがいたが,前回見た個体とは違うようだ。話を聞くと,若鳥ではないかということだった。どちらにしても,もうすぐに渡っていくのだろうが,来年も,この干潟に元気で帰ってきてほしいものだ。
100515kurotura_2

 メダイチドリも,ずいぶんときれいな色になった。
100515medai

 満潮になった時には,広場の草原で休んでいるものもいた。
  まずは,トウネン。
100515tounen

 次には,ウズラシギ。
100515uzura

 シロチドリは,どうやら子育て中らしくて,2羽のひなと一緒にいた。ひなは,小さすぎて草に埋もれ,姿がはっきりとは見えないので,撮影できなかった。
100515siroti

 別の干拓地にも行ってみた。ウズラシギは,ここにもいた。
100515uzura2

 蓮田の中では,タカブシギを多く見かけた。
1100515takabu

 しばらく見ていると,緊張したのか,伸びをした。
1100515takabu2

 今回の更新は,ちょっと間があきすぎた。
 反省しきり!!

 

|

« ヨタカを見た | トップページ | さびしくなった干潟 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 干拓地の鳥たち:

« ヨタカを見た | トップページ | さびしくなった干潟 »