« マミジロキビタキ,ツバメチドリ-対馬探鳥記3 | トップページ | ヤツガシラ »

干潟・干拓地の鳥見

5月2日

 今日は,潮の加減は良くなかったが干潟に行った。連休中なので,バーダーがとても多かった。シギ・チドリもたくさんいたのだが,潮の満ち方がたりないので,あまり寄ってこなかった。

 サルハマシギを1羽見つけたけれど,遠すぎて絵にならなかった。クロツラヘラサギは,まだいた。ミヤコドリも,1羽だが,まだいた。シベリアオオハシシギが来ているという話を聞いたが,分からなかった。

 今日は,ウズラシギをよく見かけた。白い眉斑と,お腹の,V字模様が目立つ。
100502uzurasigi

 ダイシャクシギはほとんど見かけず,ホウロクシギがたくさんいた。
100502houroku

 別の干拓地へ足を伸ばしてみた。一番多く見かけたのは,タカブシギだった。久しぶりに,この場所でシギ・チドリを見かけた。
100502takabu

 コチドリもいた。黄色のアイリングが目立つ。ここでは,初めて見た。
100502kotidori

 今日,一番印象的だったのは,オグロシギだ。羽をいっぱいに伸ばして見せてくれた。これも,ここでは初めて見た。
100502oguro

100502oguro2

 タシギが,自分では隠れているつもりなんだろうか,じっとしていた。丸見えなのに。
100502tasigi


 相変わらず,セイタカシギもいた。盛んに水浴びをして,毛繕いをしていた。
100502seitaka

 冬の間は枯れていた葦が伸び始めて,オオヨシキリのさえずりが賑やかだった。
100502yosikiri

 今日は,季節の移ろいに合わせて,干潟や干拓地の鳥たちの様子が,少しずつ変わってきていることを感じた。
 

|

« マミジロキビタキ,ツバメチドリ-対馬探鳥記3 | トップページ | ヤツガシラ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 干潟・干拓地の鳥見:

« マミジロキビタキ,ツバメチドリ-対馬探鳥記3 | トップページ | ヤツガシラ »