« 干潟・干拓地の鳥見 | トップページ | ヨタカを見た »

ヤツガシラ

5月8日-9日

 他県の島に出かけてきた。案内人さんをはじめ,5人のグループだった

 待っている間に,すごいシーンを見ることができた。渡ってくるツグミの群れを,待ち構えていたハヤブサのつがいが,襲いかかって狩りをするのだった。初めて見る生々しい光景だった。ツグミは,何度も渡ってきた。ハヤブサは,何度も襲撃した。
 残念なのは,夢中で見ていて,写真を取り損なったことだ。

 島への途中で,オオミズナギドリに出会った。あっという間のことだった。とにかく,カメラ任せで連写した。証拠写真だけは撮れ
た。
100508mizunegi

 今日の日程は,港について宿舎まで,起伏のある山道をとことん歩き回って探鳥するのだった。車と違って,じっくり観察することができたが,なんとも大変なことだった。
 話によると,1週間前には,信じられないくらいの乱舞が見られたらしいが,今回は,信じられないくらい鳥影がまばらだった。それで,歩きの疲れも増すばかりだった。最近天候が良すぎるので,渡ってきた鳥たちも,ちょっと休憩してさっさと通過していったらしい。
 それでも,とにかく探して歩いてまた探したので,いくつか,新しい鳥を見ることはできた。キタツメナガセキレイ,ハリオアマツバメ,ブッポウソウなどを見たが,今回は歩きということで,400mmズームしか持ってきていなかったので,とても撮影できる距離ではなかった。

 どうやら撮れたのは,マミジロ。少し暗い小道に降りて,トラツグミと一緒に餌を探していた。トラツグミは逃げ足が速かったので,残念だった。
100509mamijiro2

 色々な(鳥のいるはずの?)ポイントを探し回ったので,足が(心も)重くなって,旅館のある付近の砂浜に行ったら,なんと,ヤツガシラが見晴らしの良い屋根の上にとまっていた。
 対馬で粘って出会わなかった鳥が,あんな所に,堂々ととまっていた。見事な,頭だ!感激して,連写連写また連写だった。
100508yatugasira

 屋根から降りて,砂浜で餌を探し出した。かなり近づいても逃げ出しはしなかった。
100508yatugasira3

 くちばしと長い冠羽で,ちょっとツルハシに似ている。
100508yatugasira4

 最後に,横顔を。
100508yatugasira5

 疲れた探鳥だったが,このヤツガシラのおかげで,多少,心が軽くなった。そして,旅館へ向かう途中で,コムクドリとも初めて出会った。
100509komukudori

 1日目は,13Kmほど歩いたらしい。疲れた。旅館で,おいしいビールで乾杯して,すぐにダウン。
 2日目も,旅館周辺を探したけれども,残念な結果だった。ただ,ヤツガシラだけは,昼近くになってまた砂浜にやって来てくれたのが嬉しかった。

 今回は,ちょっと残念な結果だったけれど,鳥談義やら雑談やらをしながら歩いたのだけは,最高にいい気分だった。それに,他のみんなは,鳥の生態にとても詳しくて,教えられることばかりだった。
 また,この島に出かけよう。この次は,きっといいことがあるかも。
 

|

« 干潟・干拓地の鳥見 | トップページ | ヨタカを見た »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤツガシラ:

« 干潟・干拓地の鳥見 | トップページ | ヨタカを見た »