« マツムシソウ | トップページ | ヒドリガモ再見  »

セイタカシギ

9月23日

 朝目覚めると、雨が降っていた。今日は大潮なので、干潟に行きたいのだが、取りやめ。しかし、だんだん回復するということなので、西の方の干拓地に行くことにした。

 ところで、途中、干潟に立ち寄ってみると、岩手ナンバー(!!!)のバーダーが観察していた。岩手から、わざわざ探鳥に来たのだろうか??

 さて、見回っていると、帰ってきたセイタカシギを見つけた。7羽いた。春に見て以来、久しぶりの対面だ。いつ見ても上品な姿。水が少し深いので、赤くて長い脚が全部見えないのが残念。
Seitaka

 盛んに水中に首を突っ込んで、えさをとっていた。
Seitaka2

 アオアシシギは、どんどん近づいてきたので、ノートリミング。
Aoasi

 ヒバリシギも、じっとしていて、近づいても逃げなかったので、ノートリミング。
Hibari

 ヒバリシギとよく間違える、ウズラシギ。あぜ道に立って、こちらを見ていた。
Uzura

 トウネンが、蓮の葉の上に乗って浮かんでいた。
Tonen

 冬羽に換羽中(?)のツルシギ。
Turu

 休耕田の草の中に、ムナグロが10羽ほどいた。しばらくこちらを警戒していたが、そのうちに、足を曲げて休んでいた。
Munaguro

 道路脇で、ハクセキレイがトンボを捕まえて、嘴にくわえていた。これは初めて見た。
Sekirei

 9月も下旬になって、いろんな鳥が帰ってきているようだ。セイタカシギ、ツルシギ、タシギなどなど。
 また、今日は久しぶりにコガモの小群を2か所で見た。エクリプスを見て頭を悩ませる、うれしい(?)季節がまたやってくる。

|

« マツムシソウ | トップページ | ヒドリガモ再見  »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セイタカシギ:

« マツムシソウ | トップページ | ヒドリガモ再見  »