« スズガモかなー | トップページ | エリマキシギ »

ハヤブサがやってきた

9月8日

 大潮だったので、海岸に出かけた。
 最近、シギやチドリの種類は、ほとんど変わらないようだが、少しずつ冬羽になりつつある。冬羽は、紛らわしいので困るのだが。 
 今日は、曇天だったので、鳥の色がさえなかった。しかし、先日の台風のおかげで、ずいぶんと涼しかった。

 今年は、昨年と比べて、キリアイの姿がよく目につく。
 これは、多分つがいだろうと思う。仲むつまじく並んでいるように見えるから。
Kiraii

 オオソリハシシギもいた。見事なくちばし。
Oosori

 オバシギもいた。冬羽になりつつあるようだ。 
Oba

 オグロシギもいた。まだ、夏羽のようだ。
Oguro

 潮がだんだん満ちてきて、鳥たちの群れが岸辺の方に近づいてくる。よしよし、シャッターチャンスだ。という頃に、よくハヤブサがやってきて、あっという間にみんなどこかへ飛んでいってしまう。そういうことが、よくある。
 今日は、2羽のハヤブサが、いつの間にか干拓地の道路沿いにある電柱に止まっていた。羽の色からすると、幼鳥らしいのだが、雌雄はよく分からない。
Hayabusa1

 鋭い爪、視力が良さそうな目。車を動かして、すぐ下まで近寄っても、動じない。
Hayabusa2

 視線の方向は、海岸。満ちてくる潮に追い立てられて飛び立つ、シギ・チドリを狙っているのだろうか。

 自宅へ帰る途中で立ち寄った公園に、初めてみる蝶がいた。ネットで調べたら、ミヤマカラスアゲハという名前だった。黒をバックに、虹色が浮き出すようだった。
Miyamakarasu  

|

« スズガモかなー | トップページ | エリマキシギ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハヤブサがやってきた:

« スズガモかなー | トップページ | エリマキシギ »