« カシラダカ | トップページ | ごあいさつ »

アメリカヒドリ

12月30日

 今年も、あと2日。今日は、例年のごとく大掃除の1日。のはずだったが、探鳥を口実に、家人を言いくるめて探しに出かけた。後々のために、やるべき最低限の仕事は、とりあえず終わらせてから。

 カモだから警戒心が強いだろうと思い、デジスコも持って行くことにした。飛んでいってしまってるかな、詳しい場所を聞いていないので大丈夫かな、などと心配しながら出かけた。
 現場に着いたら、思ったよりカモの数が少なかった。だから、アメリカヒドリは拍子抜けするくらいに簡単に見つかった。きれいだった。
 始めは、生け垣越しに、車の中から隠れるようにして、500mm+1.4テレコンで撮影していたが。しかし、見えないようになったので、外に降りて、100-400mmズームを構えて近づいたけど、驚いたことに騒ぐ様子さえなかった。
Amerika1

 こちらを見ているが、あまり怖がっていない。この場所にいて、人間に慣れたのだろうか?顔をアップすると、こんな風。緑のアクセントが、格好いい。
Amerika4

 アメリカヒドリの雄は、2羽いるようだった。下のは、別の雄。緑の部分が広い。
Amerika5

休憩しているが、目はちゃんと開けていて、こちらを見ている。水面下では、足を動かしているようで、時々くるりと方向転換する。
Amerika6

 ほとんどは、ヒドリガモだった。昼過ぎていたので、休憩しているものが多く、時々顔を上げていた。
Hidori1

 雄がいるなら、たいてい雌と一緒だろうと思い(鳥は本当に仲が良い!)、野鳥図鑑を参考にしてアメリカヒドリの雌を探したけれども、力及ばず。残念。
 ということで、たくさんいたヒドリガモの雌。うつらうつらと、目が閉じかかっていた。
Hidori2

 今日は、今年最後の探鳥だった。
 この一年、いろんな場所に行き、いろんな鳥に巡り会ったけれど、押し迫ってから、初見の鳥に出会えてラッキーだった。
 また、いろんな場所で、佐賀県のみならずいろんな県の人たちから話を聞くことができたのも、楽しかった。

 この1年に出会った佐賀、福岡、長崎、熊本、大分、鹿児島、山口、広島、高知、東京の皆さん、本当にお世話になり、ありがとうございました。

|

« カシラダカ | トップページ | ごあいさつ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカヒドリ:

« カシラダカ | トップページ | ごあいさつ »