« ツリスガラ | トップページ | オーストンヤマガラもどき »

トラツグミ

2月23日

 今日は最初に、梅の花を見てから、次に東部の公園に行くことにした。

 自宅を出て、ちょっと水路を見ると、いつもは田んぼにいることが多い近所のケリが、つがいでいた。ぬかるみなので、ちょっと汚れていた。Keri
 ケリは警戒心が強く、カメラに気づくと、その名のとおりに、「ケリ、ケリ」とけたたましく叫んで飛んでいった。


 さて、久留米市の梅林寺にいったら、結構な見物客だった。しかし、まだ満開にはほど遠い状況だった。 
Ume1

 それでも、団体客やら保育園児の集団やらで、賑わっていた。それに、梅を見ながら、一句ひねっているような女の人もいて、なかなか風情があった。

Ume2

 梅の花を鑑賞しに来たつもりが、イカルの群れがいたのでついそっちに気が行ってしまった。
 「花と鳥日記」なので(時々、ころっと忘れている)、花もがんばらないと、さる方面から怒られる。

Ume3
 とにかく、満開になった頃、また来ることにしよう。花よりイカル、にならないようにしよう。
 
 ということで、次は公園に行った。
 公園の暗いところでは、先日見たトラツグミが、また現れてくれた。ここは、お気に入りの場所みたいだ。ここには、1羽しかいないようにみえる。
 トラちゃん模様は、迷彩色だ。動いてくれないと、どこにいるのか分からなくなってしまう。
Tora1


 バックが白い色だと、こんなにはっきりと見えるのだがねー。
Tora3


 こっちを気にしているが、あまり飛んで逃げようとはしないようだ。結構、野次馬根性があるみたい? 
Tora5


 アカウソは、やはりいつものように、桜の木でむしゃむしゃやっていた。ほぼ真下まで近寄っても、気にしていないようだ。口いっぱいほおばって、天真爛漫なく食べっぷり。
Uso2


 アカウソが、桜の花の咲く頃まで、ここに居着いていてくれるといいのだが。ピンクの中の朱色はきれいだろうなあ。
 トラツグミも、まだしばらくは迷彩顔を見せてくれるかな?

|

« ツリスガラ | トップページ | オーストンヤマガラもどき »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラツグミ:

« ツリスガラ | トップページ | オーストンヤマガラもどき »