« カンムリオウチュウ 平島へ | トップページ | シマノジコ 平島へ »

オウチュウ 平島へ

 平島にいるときに、あちらこちらでオウチュウを見た。
 
 だいたい電線にとまっていることが多かったので、
 黒っぽい姿は、撮しにくかった。
01_2



 たまに、空抜けでないときもあった。
02_2


 4羽が一度に現れるなんて、
 地元なら1羽現れたとしても大騒ぎだろうに。
 (最も多かったのは、牧場で見た7羽だった!)
03_2



 たまには、樹木にとまってることもあった。
 カラスそっくり。
04_2



 結構あちこちに出てくるので、
 恐れ多くも、
 「なーんだオウチュウか。背景が良くないので撮らんとこう。」
 などという時もあった。
05_2



 牧場でオウチュウを見ているときに、
 ツメナガセキレイの群れがいた。
10



 キタツメナガセキレイを見つけたかったのだが、
 ぼやぼやしてる内に、
 みんなそろって飛んでいってしまった。

 ところでこれは、マミジロツメナガセキレイだよね?
 それとも、シベリアかな?
11



 集落付近で1番目に付いたのは、
 この小鳥たちだった。
 まず、コサメビタキ
20



 次に、エゾビタキ
 春にエゾビタキを見ることができるなんて。
21



 最後に、サメビタキ
 実は、このサメビタキがよく見分けきれないのです。
 コサメに見えたり、エゾに見えたりする愚か者なのです。

 ところで、これはサメビタキで・・・・?
22


 オウチュウを見ても、驚かなくなってしまった。
 というくらい、この平島で何度もオウチュウを見ることができた。
 すごい所でした。
 
 ホオジロ類の渡りは過ぎてしまっていたようだったが、
 次から次に新しい鳥を目にすることができて、
 気が抜けないというか、たまらないというか、
 探鳥冥利に尽きる日々だった。


 持参した機材、
 カメラ        7D ,  50D
 レンズ             EF500mm F4L ,  APO 50-500mm F4.5-6.3
 エクステンダー   EF 1.4X Ⅲ
 三脚                GT2531 ,
 雲台                 GH2721QR
 照準器       マルチドット Type  S

 担いで歩くので、少しでも軽くと思って
 500mmにはちょっと非力だが、
 軽い2シリーズを持参した。
 何時もは、ビデオ雲台を使ってるのだが、
 重くてどうしようもない物なので、
 軽い雲台を持って行ったが、
 これは使い勝手が良くないものだった。
 上下方向がやたら硬くて苦労した。

 心配性なので、
 万が一トラブルがあったらいかんと思い、
 重さを我慢して、
 もう一台のカメラと、レンズを持参したら、
 やっぱり重かった。

 というところで、


 続き・・・・ ・

|

« カンムリオウチュウ 平島へ | トップページ | シマノジコ 平島へ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オウチュウ 平島へ:

« カンムリオウチュウ 平島へ | トップページ | シマノジコ 平島へ »