« カヤクグリ - 立山へ - | トップページ | ウソ - 立山へ - »

ライチョウ - 立山へ -

 ライチョウを捜すには、人だかりを探すのが手っ取り早い。
 ということが分かった。

 それで、最初に見たライチョウの♂。
 目の上の赤は、肉冠というらしい。
 「にくかん」と聞いて、
 つい違う字を思い浮かべてしまった。
 それにしても、思いの外でかい。
 小振りの鶏くらいかな。
Img_8023



 近くにいたライチョウ♀、お初。
 何となく清楚な感じが。
Img_8210



 このライチョウ♂は、足輪付きだった。
 飼育されてるみたいで、
 ちょっと残念な気もしたが・・・。
Img_8320


 ♀の方だって、足輪付きだった。
Img_8274



 毛繕いをしていた♀が羽ばたいた。
 翼は、白いのだった。
Img_8277



 別のところで見たつがい。
 人が見ていても
 自分だけなかなか見つけきれないこともあった。
 保護色だ。
Img_8908



 やっと見ることができたライチョウの雛。
 遠かったので、なかなか見つけきれなかった。
Img_8939



 全部で6羽の雛がいたようだ。
 ここに、成鳥♀と2羽の雛がいる。
Img_8952



 2羽の雛。
Img_8954



 雛は、元気に歩き回っていた。
 雪の上にも乗ってみていた。
Img_8987


 ライチョウを見ることができた。
 目標の、2/4を達成。

 次は、
 雪の残った山を背景にした
 冬羽のライチョウを見たいものだ。
 きれいだろうなあ。 

|

« カヤクグリ - 立山へ - | トップページ | ウソ - 立山へ - »

遠征」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました!

遠くまで遠征されてたのですね!!
ライチョウの保護色はすごいですね!
雛も地面と同化してますね。
親鳥について歩く雛たち、カワイイ(*´∇`*)。

カヤクグリも初めて見ました!

残り2/4期待しています☆

投稿: morekoume | 2012年7月25日 (水) 23時30分

morekoumeさん コメントをいつもありがとうございます!

ライチョウはとても大きかったです。
人をあまり恐れないようでした。
それに保護色で、見つけにくかったです。

雛は、とても可愛かったですよ。
雛が恐れを知らずに歩き回るので、
母親は、何時も後を追いかけてるようでした。

カヤクグリは、地元では珍鳥なので、
あんなに簡単に見ることができて、
びっくりしました。
スズメを見るような感じでしたよ。

投稿: ヒロちゃん | 2012年7月28日 (土) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライチョウ - 立山へ -:

« カヤクグリ - 立山へ - | トップページ | ウソ - 立山へ - »