« 与那国島迷走 その1 | トップページ | 与那国島迷走 その3 »

与那国島迷走 その2

 与那国島の畑の土は赤茶色だった。

 赤土の畑には,サトウキビが目に付いた。
 植え付けて間もないサトウキビもあった。
 これは,ちょっとススキに似ている。
01



 見たことのない作物の畑もよく眼にした。
 作業をしてる人に聞いたところ,
 長命草と言って有用な成分を抽出するのだという。
 サトウキビと長命草以外の
 普通の野菜畑はあまり記憶がないのだが・・・?
02



 海岸近くの牧場などには,
 アダンの林(というか群生というか)が目に付いた。
 馬や牛も,これは食べないらしい。
 なんか,パインに似ていて食べられそうな・・・。
03



 山の中の林道で目に付いたのがこの昼顔(?)。
 いろんな樹木に絡まって咲いていた。
 ちょっと不思議な風景だった。
031



 与那国島には,至る所にシマアカモズがとまっていた。
 多分,全部シマアカモズだと思うのだが,
 はっきり言って,自信はない。
 カラアカモズが混じっているかもしれない。

 
 誰か,詳しいところをご存じの方は,
 教えていただけると幸いです。

 鉄条網にとまるモズ
04




 枯れた笹にとまるモズ
05



 アダンの葉(かな?)にとまるモズ
06



 枯れ枝にとまるモズ
081 



 また,別の鉄条網にとまるモズ
07




 木の枝にとまるモズ
08



 突然に,シロハラクイナ
 初見の鳥だった。
 とにかく用心深いというか臆病というか,
 なかなか出てこなかった。
09



 草むらの茂みに隠れていて,
 辺りが静かになったら,
 おそるおそる顔を出すという感じだった。
 4羽が一緒にいた。
10



 
 与那国島の風景。
 耕したばかりの畑は赤茶色。
 端っこにはサトウキビ畑。
 南国情緒満点だ。
11



 ところで,
 島には3か所に水田がある。

 南にある比川(ひがわ)地区の水田。
 あまり広くはないが,すぐ近くに湿地帯がある。

 満田原(まんだばら)水田。
 周囲を山に囲まれ,かなり広い。

 北の祖納(そない)地区の田原(たばる)川周辺の水田。
 水田の周囲には畑がある。
 祖納は,島で一番大きい集落。

 
 島を訪れたとき,
 水田には立ち枯れた水稲が目に付いた。
 夏の水不足が原因だったらしい。
 これらの水田地帯に水が張ってある頃は,
 島もシギ・チで大変に賑やかだと聞いた。


 今回は,水田に水がないこともあり,
 予想どおりに鳥影がとても薄かった。
 もし,次の機会があるのなら,
 鳥も,鳥見人もたくさんの頃に
 ここにやってきたいなあと思った。

|

« 与那国島迷走 その1 | トップページ | 与那国島迷走 その3 »

遠征」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
南の島に行かれたのですね。
私、この秋あるテレビ番組を見ていたら、死んでしまい生まれ変わるとしたらなんになる?と聞かれる。現世で生きていてポイントがたまった分(それ相当の意味)の中で選ばねばならない。ちなみに動物園のパンダは高ポイントが必要。そこでは「セミ」がおすすめ。私は「モズ!」と答えるつもりです。ヒロちゃんはなにがいい?

投稿: サリー | 2012年11月 9日 (金) 22時33分

サリーさん コメントをありがとうございます!

生まれ変わるとすれば,
当然,人間です!!

今度は日本以外もいいな。
違った鳥を遠征なしで見てみたい。
今まで見た鳥を覚えてるというのが前提だけど。

投稿: ヒロちゃん | 2012年11月 9日 (金) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与那国島迷走 その2:

« 与那国島迷走 その1 | トップページ | 与那国島迷走 その3 »