« アカショウビン 宮古島探鳥の3 | トップページ | ベニアジサシ 宮古島探鳥の5 »

サンコウチョウ 宮古島探鳥の4

リュウキュウサンコウチョウは小さかった。

だから,気がついたらいつの間にかやってきている
ということも良くあった。
特に地味系の幼鳥はよく見過ごした。
San4





長い尾の♂もたまにやってきたが,
頭部の換羽が始まっているらしい個体もいた。
サンコウチョウの場合は,
いくら薄くなってもまたきちんと生えてくるのだから,
すこぶるうらやましいもんだ。
San1




長い尾も,日本を去るときまでには
短くなってしまうんだね。
もったいないような気がするけど,
長距離旅行には邪魔だろうし・・・。
San2




この♂も,換羽中のよう。
ちょっと奇妙なヘアスタイルだな。
San3




♀と♀の幼鳥がじゃれ合っていた。
下にはお望みの水場(水たまりというべきか?)がある。
San5




この♀も換羽中だ。
今回の来訪がちょっと遅かったので,
繁殖中のきれいな姿を見られなかった。
次は6月中にやって来たいなあ。
San6




ズアカアオバト♂もこの森に住んでいた。
アオバトは何度か見たことがあるが,
この種はお初だった。
Ao1




アオバトと違って,
ズアカアオバトは下腹まで緑色だ。
それに下尾筒の模様も違っている。
Ao2




下尾筒は印象的な模様をしている。
今は水を飲んでいる最中。
ハトは顔を水中に入れたままごくごくと飲む。
Ao4_2





どうやら,つがいで仲良くやってきたらしい。
Ao3



「頭赤でもないのになぜだろう?」と思っていたが,
手元の図鑑に,
台湾などにいる亜種タイワンズアカアオバトは頭部が赤いが,
日本にいる亜種チュウダイズアカアオバトと
亜種リュウキュウズアカアオバトは
頭部が赤くないという記述があった。
しかし,最近の新分類で日本産ズアカアオバトを
亜種ズアカアオバトと亜種チュウダイズアカアオバト
としてる文献があった。

結局,ぼくが撮ったのは,
亜種チュウダイズアカアオバトいうことだろうか?
誰か詳しい人がいたら教えていただければ嬉しいです。

|

« アカショウビン 宮古島探鳥の3 | トップページ | ベニアジサシ 宮古島探鳥の5 »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンコウチョウ 宮古島探鳥の4:

« アカショウビン 宮古島探鳥の3 | トップページ | ベニアジサシ 宮古島探鳥の5 »