« 南へ① カンムリワシ | トップページ | 南へ③ クロウタドリ »

南へ② オサハシブトガラス

石垣島では,固有種や留鳥の撮影が目的の一つだった。

カンムリワシに引き続いて,
ズグロミゾゴイを,足を棒にして(車を酷使して)探したが,
残念無念だった。
情報なしで出かけたのでしょうがないな。

ということで,オサハシブトガラスだ。
これは,石垣島のどこにでもいる。
カラスなので真っ黒。
体が小さいということだが,
他のカラスがいないので,分かりにくい。
しかし,鳴き声は明らかに違っている。
Osa3




ハシブトガラスよりスマート。
ハシブトと言うくらいだから立派な嘴を持っているが,
嘴からおでこに欠けてのラインがなめらかだ。
Osa1




このオサハシブトガラスは,
漁港で残飯をあさっていた。
ちなみに,「オサ」は,最初に採集した人の名字らしい。
Osa2




至る所でヒヨドリが騒いでいた。
イシガキヒヨドリだ。
地元で見かけるヒヨドリより暗色。
南に行けば日焼けしてしまうのかも(???)。
Hiyo




続いて,リュウキュウキジバト
(畑の散水栓の上にとまっている。)
やっぱり南の方では,地元のキジバトより色が暗い。
赤い目が強烈だね。
Kiji




そして,シマアカモズ
(カラアカモズではないのだろうなあ?)
いろんなところで,静かに餌を狙っていた。
ところで,ただモズはいないんだろうか?
ふと思ったんだけど・・・。
Sima




おしまいは,シロハラクイナ
とにかく警戒心が強い鳥。
人の気配を感じると,一目散に逃げる。
Siro1




見られていることに気付かないと,
結構色んな仕草を見せてくれる。
Siro2




ぼくが上の方から見下ろしてることを知らずに,
川で毛繕いをしていたシロハラだ。
Siro3

石垣島では,
カンムリワシとズグロミゾゴイが,二大目標だった。
これは,残念ながら達成率五割だ。
それに加えて,石垣島にいる亜種を狙っていた。
イシガキヒヨドリ,イシガキシジュウカラ,リュウキュウキジバト,
オサハシブトガラス,リュウキュウヨシゴイなど。
これは,達成率まあまあかな。

ズグロミゾゴイを見られなかったのが一番痛かった。
それに,イシガキシジュウカラを撮影するのを忘れていた。

この次に行く楽しみが残った,というふうに自分を納得させることにでもしよう。

|

« 南へ① カンムリワシ | トップページ | 南へ③ クロウタドリ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南へ② オサハシブトガラス:

« 南へ① カンムリワシ | トップページ | 南へ③ クロウタドリ »