« もっと南へ① クロウタドリ | トップページ | もっと南へ③ ギンムクドリ »

もっと南へ② オオチドリ

翌日,牧野を見て回ったとき,相変わらず鳥の声が少なかった。

がっかりしていたところ,隅っこの方にオオチドリの姿が!
つがいなのだろうか,2羽が近くにいた。
青空をバックの場面は最高だった。
Oti1




前回の訪問で見た鳥なのだが,
今度は胸の赤茶色や黒帯が明らかにきれいだった。
Oti2




黒帯の模様と顔の色が若干違っていた。
ちょっと首を伸ばしたところが良いね。
Oti3




2羽ともスマートできれいな姿をしていた。
オオメダイチドリと同じくらいの大きさらしいが,
オオチドリの方が,なぜか,よほど大きく感じる。
Oti4




別の牧野に,ムネアカタヒバリの群れが入ってきた。
あの独特の声で鳴き交わしていた。
Aka1




夏羽に冠羽途中のようで,
胸や顔の赤みがほとんどない個体が多かった。
この個体は少し色気(?)付いてきてる。
Aka2




岩にとまった姿はあまり記憶にないので,
興味深かった。
Aka3




冬羽のムネアカを,セジロタヒバリと
間違いそうに(間違いたくて!)なったこともあった。
そういえば,3月の与那国ではセジロに会える
と言う話をどこかで聞いて,
心密かに期待していたのだったが・・・。
Aka4




オオノスリに会いたくて,
上の方をいつも気にしながら島を回った。
そんな時,チョウゲンボウはあちらこちらで見かけた。

Choge




サシバも電柱でよく見かけた。
Sasi




シロガシラは,地元で言うならさしずめヒヨドリだ。
至る所で騒いでいた。
Siro


今回もオオチドリに出会えて,ラッキーだった。
しかし,オオノスリにはとうとう縁がなかった。
てっきりオオノスリと思っていた数百枚のカットが,
ただの(失礼!)ノスリだと分かったときには,ショックだった。
前回も同じような目にあったのだから・・・。 

|

« もっと南へ① クロウタドリ | トップページ | もっと南へ③ ギンムクドリ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

こんばんは ご無沙汰です
チョッと間が空いて居るなぁ・・・と思っていたら
そっと南の島へ 羨まし~い
それも私が見たい鳥の三本指の一つのオオチドリSと
出会っているなんて何て羨ましいのでしょう
スクッと立ってホント綺麗ですね

それとオオノスリでしょうか・・・狙いが違うなぁ
私は若は偶然見ていますが成鳥は全くご縁がありません
当たり前ですが・・・

私も来年の春には行きたいなと思っています。

投稿: papilio | 2014年4月 1日 (火) 20時14分

papilioさん コメントをありがとうございます!

スケジュールを見て,
ちょっと空きがあると思ったら
発作的にすぐ出かける傾向があるので,
なかなか思い通りの結果が出ないのだろうと思っています。
それでも,与那国島は良かったです。
何か,ワクワクさせてくれるところがあります。
懲りずに,また行きたいと思っています。

投稿: ヒロちゃん | 2014年4月 3日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと南へ② オオチドリ:

« もっと南へ① クロウタドリ | トップページ | もっと南へ③ ギンムクドリ »