« 対馬鳥見旅4 ツメナガセキレイ | トップページ | 東与賀 5/16 カラフトアオアシシギ »

対馬鳥見旅5 シマアオジ

内院で鳥見をしているとき,キマユホオジロの群れが入っていた。

その中に,コホオアカ,アトリ,カワラヒワが混じっているし,
ついでに地元のスズメまでが一緒に行動していた。
贅沢な話だけど,また例のキマユの群れかと思って油断していると,
赤っぽい鳥が混じっているのを鋭いバーダーが発見したのだった。
とにかく,一面の稲わらの中に一斉に入ったと思ったとたん,
あっという間に近くの木立に逃げ込んでしまう。
どこになにがいるのか探しにくいことこの上ない。

なんやかんやでどうにか見つけたのが
初対面のシマアオジ♂だった。
逆光なので,なかなか大変だった。
Simam1




わらに身を隠すようにして用心深く餌を探していた。
初めて見る胸の褐色の帯が嬉しかった。
Simam2



やっと瞳に光が入った。
背景はすっきりしないけど・・・なんて贅沢を言っちゃあいけないのだ。
何せ,初めてのシマアオジだ。
この旅,最高の瞬間だった。
Simam3




この次,何時出会えるものか知れないので,
しっかり撮らしてもらったのだった。
Simam4




シマアオジの♀も一緒にいた。
というか交代で木立から出てきていた。
雌はとても警戒心が強く,
わらに紛れやすい色をしている上に,
這いつくばるようにして餌を採るので,
見つけにくいことこの上なかった。
Simaw2




シマノジコの♀かなとも思ったけど,
眉斑,喉の色,耳羽,雨覆などから,シマアオジ♀と判断。
Simaw3




近くには,ムネアカタヒバリがいた。
それにしても,そのまんまのネーミングだな。
Mune




この個体は,田んぼに入って,毛繕いの真っ最中。
Mune2




ムネアカタヒバリと一緒にいたのが,
マミジロタヒバリだった。
近くにいてくれると間違えずに済むので助かるなあ。
もっとも,なんだか色が違うように見えたので,
マミジロとは別の鳥だと思い込んでいた。
恥ずかしいので,何とは言わないけど・・・・。
Mami




ところで,困っているのがこの鳥。
もっとも困っているのはこのぼくだけども。
魚港にぽつんといたこの鳥,
セジロタヒバリであってほしいけど,
やっぱりムネアカタヒバリかなあ。
ただいま思案中です。
Hatena



初見のシマアオジに出会えたので,
ほくほく顔の1日でした。

お世話になった地元バーダーの皆さん,
本当にありがとうございました。

|

« 対馬鳥見旅4 ツメナガセキレイ | トップページ | 東与賀 5/16 カラフトアオアシシギ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対馬鳥見旅5 シマアオジ:

« 対馬鳥見旅4 ツメナガセキレイ | トップページ | 東与賀 5/16 カラフトアオアシシギ »