« 道東鳥見旅Ⅱ-1 ウソー! | トップページ | 道東鳥見旅Ⅱ-3 オオワシ »

道東鳥見旅Ⅱ-2 ウミアイサ珍

23日の根室地方は暴風雪で,ホテルに缶詰。
はるばるとやってきた道東で,悶々とした1日を過ごした。

翌日になり,ようやく風雪が回復。
どこもかしこもスケートリンク状態の道を,
勇躍,そして,おそるおそる港巡り。

港に浮かんだウミアイサ♂に,我が目を疑った。
「これって,別種??,亜種??,珍種??」
白い側頭線(?)があるなんて・・・!!
Umi01




これは,ちょっと離れたところにいた,(正統派の)ミアイサ♂。
頭部は,もちろん真っ黒のボサボサだ。
Umi02




胸の様子も違っている。
茶色の部分がなくて,頸から胸にかけて白い。
それに,嘴や足が正統派みたいには赤くない。
Umi03




あまり自信はないけれど,
羽の様子は,正統派と違いはないように思うのだけれど・・・。
色はどうなんだろう?
Umi04




翌日見たときには,同じ場所にいて,大きい魚をくわえていた。
Umi05




大きいので飲み込みきれずに,長い間苦労していた。
Umi06




側頭線は,左右両方にあった。
この白い部分のせいで,
正統派より,きりっとした顔に見えた。
なんとも当世風の頭髪だなあ。
Umi07




同じ港で,カワアイサの♂が,ウミアイサの群れに1羽だけ混じっていた。
前には,ウミアイサの♀。
Kawa




最初に回った野付半島では,
カワアイサの♀が2羽,陸に上がって休憩中だった。
Kawa2


珍ウミアイサにびっくりして,
そして,大いに期待して,
知り合いの達人に尋ねたところ,
部分白化の個体だろうという結論。
ちょっと残念。
○○ウミアイサとかにならないかなあ。

(追記)
べつの知人からメールがありました。
それによると,この珍ウミアイサは,
「ウミアイサ×ミコアイサ」だろうと言うことです。
このハイブリッドは初めて聞くので,びっくりしているところです。

|

« 道東鳥見旅Ⅱ-1 ウソー! | トップページ | 道東鳥見旅Ⅱ-3 オオワシ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東鳥見旅Ⅱ-2 ウミアイサ珍:

« 道東鳥見旅Ⅱ-1 ウソー! | トップページ | 道東鳥見旅Ⅱ-3 オオワシ »