« 道東鳥見旅Ⅱ-4 ユキホオジロ | トップページ | 道東鳥見旅Ⅱ-6 コオリガモ »

道東鳥見旅Ⅱ-5 ツメナガホオジロ

野付半島の後に,走古丹を訪ねることができた。

先端に行くほど雪が多いようだったけれども,
あまり踏み固められていなかったので運転は楽だった。
Kotan01




もう,ほとんど走古丹の先端部だ。
向こうに見えるのは根室半島(多分?)。
Kotan02




この辺りでハギマシコの群れを見つけて撮影しているときに,
これまた念願の,メナガホオジロが混じっていた。
Tume01




特徴的な顔つき。
与那国島で撮影し損なって以来の出会いだった。
あれは,夏羽だったけれど。
Tume02




野付半島で見たユキホオジロと同じように,
雪の合間に見えている枯れ草から餌を探していた。
Tume03




ツメナガホオジロは3羽見かけた。
Tume04




少しだけ見える「ツメナガ」。
雪のせいで,あまり長いようには思えないけれど・・・。
ハギマシコも,しっかり餌を探している。
Tume05




ハギマシコと言えば・・・,温根元ハイドを訪ねた時・・・,
Img_0889




あまり近くて困ってしまった。
望遠レンズでは,どうやってもはみ出してしまった。
Hag01




ハイドの前3~4m位の所にえさ台を設置してあった。
そこに,ハギマシコが,わんさか。
ハイドの中にいる分には,まず逃げ出さない。
望遠では近すぎて駄目だったので,コンデジで撮影。
コンデジでハギマシコが撮れるなんてすごいなあ。
Hag02




このハイドでのお目当ては,チシマシギだったのだけれど,
やっぱり今日も,留守のようだった。
いたにしても,オオワシがこの大きさ(小ささ)なんだから,
多分,どうしようもない画像だろうなあ。
Sigi



野付半島と走古丹を訪問した次の日は暴風雪だった。
おそらく,通行不能になったのでは?
それを思えば,実に恵まれた1日だった。
ユキホオジロやツメナガホオジロに出会えたことだし。

|

« 道東鳥見旅Ⅱ-4 ユキホオジロ | トップページ | 道東鳥見旅Ⅱ-6 コオリガモ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東鳥見旅Ⅱ-5 ツメナガホオジロ:

« 道東鳥見旅Ⅱ-4 ユキホオジロ | トップページ | 道東鳥見旅Ⅱ-6 コオリガモ »