« 道東鳥見旅Ⅱ-7 落石クルーズ | トップページ | 東与賀 在庫から »

道東鳥見旅Ⅱ-8 根室市民の森

道東を去る日,根室から中標津へ向かう途中で,市民の森へ立ち寄った。

ここのハイドへ行く計画をしていたのだけれど,大雪で近寄れなかった。
前日,別のハイドで雪かきをしているボランティアさんから,
通行可能になったと聞いたのだった。

国道44号線から入ってすぐの所にあり,
北方四島交流センター資料館のすぐ近くだった。
駐車場も周辺も一面の雪だった。
とにかく,慣れない足で雪かきの跡をたどった。
こんな雪の中を歩くのは,生まれて初めての経験。
何となく,嬉しかった。
Hide01




雪の斜面を少し下ったところにきれいなハイドがあった。
すぐ左前に餌場があり,小鳥の姿が見えた。
なにしろ,500mm(+1.4テレコン)だけを担いできたので,
外からしか撮影不可能だった。
人の姿が丸見えになってしまうけれどやむを得ない。
雪の中に三脚を突き刺して,鳥見を開始。
Hide02




騒がしい鳴き声で,エゾアカゲラ♀が2羽,至近距離までやって来た。
赤い下尾筒が,白い雪の中できれいだった。
Aka01




人の姿が見えているはずだが,
割に長い時間,近くの木にとまって餌取りなどをしてくれた。
Aka02




餌場は,ハシブトガラで大賑わいだった。
ついでに,カメラを構えている僕のすぐ側までやって来た。
撮影可能距離を,大幅に下回ることもあった。
きっと,人だとは思われていなかったのだろうな。
Buto




シロハラゴジュウカラも,得意なポーズを見せてくれた。
つんと伸びた嘴が何ともいえない。
Go




思いもかけずに,探し求めていたベニヒワがやってきた。
たった1羽だけで姿を見せてくれた♀だった。
初めて見るベニヒワだった。
Hiwa01




道東にいる間中,探していたけれど見つからず,
もうあきらめていたのだった。
帰る間際になって会えるなんて・・・。
ただただ,感激。
Hiwa02




初めて見たベニヒワ♀は,思った以上に可愛い顔をしていた。

ここのハイドは,素晴らしい環境だと思った。
たった2時間しか時間が取れなかったのがとても残念だった。
次回は,半日くらいは鳥見をしたい場所だ。
頭上をレンジャクが飛び回っていたし,
時々シマエナガもやってくると言うし・・・。
Hiwa03




ついでにと言ったら失礼だけれど,
港で見かけた,ベニマシコ♂。
たった1羽で,枯れ草の実を食べていた。
Beni


今回の道東での鳥見で,初めて見ることができた鳥
ユキホオジロ,ツメナガホオジロ,ベニヒワ,
とりあえず,ウミスズメ,ウミバト,ウミガラス,ケイマフリ

今回の道東では,
暴風雪に出会って,呆然としたり,行動範囲が限られたりしたけれど,
最後の最後にベニヒワに出会え,良い気持ちで道東を後にすることができた。

ところで,今回は名も知らない根室の人に助けて貰った。
鳥見の途中で,道路脇の雪だまりに突っ込んでしまい,
脱出不能になって困り果てている時,
通りかかった男性が,極寒の中,スコップで除雪をしてくれた。
途中から,根室消防署の男性も車を押して助勢してくれた。
おかげさまで,何ごともなかったかのように脱出することができた。
その二人の方は,僕の脱出を見届けると,笑顔を残して行ってしまった。
名前も何も聞く間もなく,ただ頭を下げることしかできなかった。
本当に,ありがとうございました。
良い思い出になりました。

|

« 道東鳥見旅Ⅱ-7 落石クルーズ | トップページ | 東与賀 在庫から »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東鳥見旅Ⅱ-8 根室市民の森:

« 道東鳥見旅Ⅱ-7 落石クルーズ | トップページ | 東与賀 在庫から »