« 東京でオナガ | トップページ | ミツユビカモメ »

ちょっとだけ銚子

東京へ出かけたついでに,ちょっとだけ足を伸ばしてみた。

1泊2日の天気は不調だった。
九十九里浜にも行ってみたけれど,大風,大波。
そんな中でサーフィンしている若者も大勢。
趣味はそれぞれだなあとつくづく思った。

港で,ビロードキンクロの若♂を見た。
距離も光も良くなかったけれど,♂は初めて。
嘴の赤さとこぶも,羽の黒さも,目の周りの白斑も,発達途上。
Biro01




風が強くて雨が降っていたせいかどうか,
何度も羽ばたきをしていた。
次列風切の白がよく目立っていた。
Biro02




べつの鳥を撮していたとき,
手前にぽっかり浮かび上がったアカエリカイツブリ
根室で見たときはやたら遠かったので,
今回はラッキーだった。
夏羽の赤襟に移行中のようだ。
Aka




ハジロカイツブリはあちこちで見かけた。
まだ冬羽の個体が多かったけれど,
初見の夏羽の個体も混じっていた。
真っ赤な目と,その後方にある飾り羽が不思議な色だった。
Hajiro




カンムリカイツブリもあちこちにいた。
夏羽の個体と,移行中の個体かな。
Kanmuri




鳥見をしていた若者グループに教えて貰ったシロエリオオハム
冬羽で,喉に黒い線がうっすらと。
Siro01




ずいぶんと長い間,このひょうきんな格好で毛繕い。
Siro02




羽ばたきをした時に見えた,やたら短い羽。
飛べないのだろうか?
Siro03




港にも,九十九里浜にもいたクロガモ♂。
割に人を恐れないようで,
10m以内でこちらを見ていた。
この個体は,海から上がって休憩中。
全身黒の中で黄色のこぶがよく目立つ。
Kuro01




すぐ横には♀も。
Kuro02


今回は,双眼鏡と50-500mmだけしか持って行けなかった。
500mm辺りでは甘い画像になるので,
できるだけ絞ったけれど,なかなかうまくはいかなかった。
三脚も持たないので,ほとんど車のドアで支えた。

たいした装備もなかった割には,なかなかの鳥見だった。

|

« 東京でオナガ | トップページ | ミツユビカモメ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとだけ銚子:

« 東京でオナガ | トップページ | ミツユビカモメ »