« ツバメチドリ | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’15-2 ムラサキサギ »

石垣・与那国探鳥記 ’15-1 リュウキュウヨシゴイ 

4月28日~5月3日,石垣島と与那国島で鳥見旅。

南の島は,暑かった。
渡り鳥の影は,薄かった。

石垣島で,夜に激しい雷雨があった翌朝,
遅い夜明けを待ちかねて出かけた。
前回さんざん探し回ったのに,
今回は,休耕田の草原に
ひょっこりと姿を現していたのだった。
初めて見るリュウキュウヨシゴイの♀。
ヨシゴイと違い,虹彩が特徴的。
Yosi04




こうやっていると,
サンカノゴイが擬態をしているときみたいだ。
後ろの方に,ぼんやりと♂の姿。
Yosi05




この草原には後1羽♀がいて,じっと様子を見ていた。
Yosi06




リュウキュウヨシゴイの♂が,なかなか全身を見せてくれない。
Yosi01




すぐには,立ち上がらない。
じわじわと,スローモーションみたいに立ち上がる。
後ろのところが欠けたような虹彩がおもしろい。
Yosi02




ようやく見えるようになった。
リュウキュウヨシゴイ♂は,きれいな赤褐色だった。
♂も♀も見られるなんて,感激,感激。
Yosi03




近くには,ヒエ(?)の実を食べているシマキンパラがいた。
胸と脇腹の模様がきれいだ。
Kinp




ほぼ夏羽になったツルシギが1羽で餌を探していた。
黒い羽に下嘴の赤が目立っていた。
Turu


渡り鳥の影は薄かったけれど,
待望のリュウキュウヨシゴイを見られただけでも,
今回の石垣行きの甲斐があった。
探しても探しても見つからないときもあるし,
いとも簡単に見られるときもある。
おもしろいものだと思った旅の始まり。

|

« ツバメチドリ | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’15-2 ムラサキサギ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣・与那国探鳥記 ’15-1 リュウキュウヨシゴイ :

« ツバメチドリ | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’15-2 ムラサキサギ »