« 石垣・与那国探鳥記 ’15-3 ミフウズラ | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’15-5 コシャクシギ  »

石垣・与那国探鳥記  ’15-4 アカガシラサギ

与那国島には,たくさん牧場があるけれど,
大きいのは,多分3か所だと思う。
自然がいっぱいの(道路がない)北牧場,
東崎(あがりざき)のある東牧場,
自衛隊基地造成中の南牧場。
いずれも,牛や馬が放牧してあるので,ウンチがあちこちに・・・。
それに,虫がわくので,それを目当てに鳥がやってくる。

ということで、牧場を何度も見て回った。
そこには牛や馬がたくさんいるけれど、
やっぱり仔馬が一番のお気に入り。
スマートでかわいいし、見ていると、ほっとする。
Img_1234




与那国島でよく見かけたのが、アカガシラサギ
いろんな環境のところにいた。
この個体は、田起こし前の水田で餌を探していた。
赤褐色の羽毛が見事。
こんな色の鳥はあまりいないし、長い冠羽もすごい。
Aka01




これは、日の出ごろ校庭の隅で餌を探していた個体。
(与那国は日の出が遅い。この時は6時10分頃だった。)
Aka03




この個体は、サトウキビ畑で、エサを探していた。
鋭い目つきで・・・・。
Aka04




この個体は、牧場の草原で餌を探し回っていた。
冬羽から夏羽へ移行中。
ほかの個体とは、別人(鳥)みたいに見える。
Aka05




尼詐欺(誤変換:「アマサギ」です)もあちらこちらで見かけた。
牛のいるところでは、たいていウロチョロと・・・。
牛が餌を探して草をガサガサする、
すると、驚いた虫が飛び出す、
そこを、アマサギが捉える、
ということらしい。
Ama01




馬の場合も同じ。
Ama02




港の真ん中に置いてあっった巨大なテトラポットの上で、
強風にも負けずに、休んでいたアマサギたち。
Ama03




こちらは、海の上を渡っていったアマサギたち。
どこへ行ったのだろう?
西の方へ飛んで行ったけれど…。
Ama04


あちらこちらに、アカガシラサギがいると、
「なんだ、またアカガシラサギか。」といった具合で、
ちょっと、有難味が薄れてしまうのも
南の島ならではのことかもしれない。
なんとも贅沢な話。

|

« 石垣・与那国探鳥記 ’15-3 ミフウズラ | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’15-5 コシャクシギ  »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣・与那国探鳥記  ’15-4 アカガシラサギ:

« 石垣・与那国探鳥記 ’15-3 ミフウズラ | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’15-5 コシャクシギ  »