« 石垣・与那国探鳥記 ’15-1 リュウキュウヨシゴイ  | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’15-3 ミフウズラ »

石垣・与那国探鳥記 ’15-2 ムラサキサギ

石垣島の水田では,稲がすくすくと育っていた。
そのせいなのか,時期が悪かったのか,
シギ・チはほとんど見かけなかった。

それでも,他にポイントを知らないから,見て回った。
すると,すっくと伸びたムラサキサギの頸を見つけた。
回りの稲には,もう米が実り始めている。
地元では,まだ麦刈りさえ終わっていないのに・・・。
南国だなあ,ここは。
Murasaki01




しばらくすると,草原の中に移動した。
大きな体と派手な模様をしているけれど,
こんなところでは意外に目立たない。
Murasaki02




べつの水田では,まだ夢の中にいる個体も見かけた。
あんなに長い首はどうなっているのか,ちょっと不思議。
Murasaki03




島内のあちらこちらで見かけたシロハラクイナ
その名のとおりに,真っ白な腹をしている。
白と黒できれいな色をしたクイナだ。
Siro01




農道で出会った個体。
警戒しているのか,羽を少し伸ばしている。
下尾筒の茶色が見えている。
Siro02




急いで道を横断中。
クイナはどれも,長い指をしている。
Siro03




石垣2日目にようやく出会った,カンムリワシ
Kanmuri01



至極まじめな正面顔。
Kanmuri02




石垣では,インドクジャクが繁殖している。
何しろ南国なので,クジャクがいても違和感がない。
白化個体にも出会った。
Ind


石垣島では,セキレイ類,ホオジロ類を始め,
渡り途中の小鳥をほとんど見なかったのが寂しかった。
それでも,リュウキュウヨシゴイをしっかり見ることができたので,
満足して,与那国島に向かったのだった。

|

« 石垣・与那国探鳥記 ’15-1 リュウキュウヨシゴイ  | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’15-3 ミフウズラ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣・与那国探鳥記 ’15-2 ムラサキサギ:

« 石垣・与那国探鳥記 ’15-1 リュウキュウヨシゴイ  | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’15-3 ミフウズラ »