« 小笠原その③ ハシナガウグイス | トップページ | 小笠原その⑤ カツオドリ »

小笠原その④ オガサワラノスリ

空高く飛んでいる鳥は,ノスリしかいない。

こういう話を耳にしていたものだから,
簡単に撮影できるだろうと高をくくっていた。
ところが,なかなか目にしない。
レンタカーで,ノスリが滑空しそうな湾などを
見て回ったけれども姿がない。
もうほとんどあきらめて,なんとなく乳房山に登った時に,
キョッ,キョッという声が谷間に響くのを耳にした。
なんと,5羽のオガサワラノスリが,空を舞っていた。
Nosuri_01


Nosuri_02


Nosuri_03


Nosuri_04


Nosuri_05


Nosuri_06


Nosuri_07


Nosuri_08




オガサワラノスリとオガサワラカワラヒワが見つからない。
もう,どこを探して良いかも分からない。
時間だけはある。
ということで,民宿で出会った大学生の言葉を信じ,
まあ,簡単に登れるのならと思って山に入ったのだった。
しかし,大学生の足と僕の足では違いすぎた。
結構,大変な目にあった。
Miti




当初,登山するなら長袖長ズボンと決めていたのだけれど,
あの暑さと,大学生の言葉を信じて,半袖半ズボンにした。
これは正解だった。
蚊も虫もいなかったし,
(おそらく,ずいぶん雨が降っていなかったせいかも)
あの暑さに耐えることができた。
こんな樹木が堂々と生えているくらいだから,
とても暑苦しかった。
(この気根の真ん中に,登山道が!)
Gaju




小鳥の水場が2か所。
ペットボトルの雨水を,水場に給水してあげる。
Mizu01




こうやって雨水をためる。
よく考えたなあ。
Mizu02




ここが頂上。
この高さだけれども,父島母島では最高峰。
ところで・・・,母島には乳房山か,父島には何があるんだろう?
色々考えてみたけれど,それは乳頭山だった。
なかなかおもしろい。
Top00




ハアハアとたどり着いた頂上は,絶景だった。
風がたまらなく涼しかった。
Top01




沖港の方もきれいだった。
そして,
もう下るだけと思うと,おにぎりの味も格別だった。
Top02


これから少し進んだ所で,
幸運にも,オガサワラノスリに出会ったのだった。
暇だから,乳房山にでも登ってみるか,
と,思い立たなかったら,
そして,割に簡単に登れると聞かなかったら,
ノスリに出会えなかったかも知れない。
本当に,幸運だった。

とうとう,名前も聞かなかったけれども,
民宿で出会った若者に感謝!

|

« 小笠原その③ ハシナガウグイス | トップページ | 小笠原その⑤ カツオドリ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

どうもこんにちは、あの時の大学生です。
実は簡単に登れるといったのは頂上まで登って頂きたかったためで、本当は私も少し大変でした。
あれから鳥に注意して生活するようになりました、色々なところで色々な鳥を見つけられたら、できればカメラに収めることができればいいなと思っております。

投稿: リョータ | 2015年10月13日 (火) 05時16分

リョータさん コメントをありがとうございます!

あの,ひどく暑かった小笠原が懐かしいです。

少しずつ鳥見を始められているようで,
若い内からの開眼がうらやましい限りです。
どうぞ,鳥見を楽しんでください。

そして,何時までもお元気で!!

投稿: ヒロちゃん | 2015年10月13日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原その④ オガサワラノスリ:

« 小笠原その③ ハシナガウグイス | トップページ | 小笠原その⑤ カツオドリ »