« 港で その① ミミカイツブリ | トップページ | 港で その③ ウミスズメ »

港で その② カナダカモメ

漁港で数100羽のセグロカモメが休んでいた。
車で接近しても動かない。

隅から隅まで,何度も何度も観察した。
何しろ,こんなチャンスは滅多にないのだから。
成鳥でない個体は分からないので,パス。

どうやらカナダカモメを見つけたらしい。
といっても,図鑑を頼りに判断しているだけで,
本物を見たことがないので,
あまり自信はないのだけれども・・・。
頭のぼんやりとした斑。
細めの足と嘴。
Ca01




ちょうど良い具合に,
セグロカモメ(左)とオオセグロカモメ(右)に挟まれた。
背の色は,
セグロカモメより淡く,オオセグロカモメよりはるかに淡い。
体も,両サイドの2種より小さい。
Ca02




セグロカモメとの比較ができた。
背の色,体の大きさ,足の長さ。
Ca03




翼の下面にほとんど黒い部分がないそうだ。
この時に,翼の先端まで写っていなかったので,
判別できなかったのが残念。
Ca04




何かに驚いて一斉に飛び立った。
連写した1枚に,初列風切の先端が写っていた。
黒い部分がなかった!
どうやら間違いないのではないかな。
Ca05




手持ちの図鑑によると,
翼の先端は,一様に黒いのではなくて,
羽の外弁のみが黒くて,内弁は淡色だという。
この1枚にも,それが見られるようだ。
Ca06

「これが,カナダカモメだ」,という個体を
今まで実際に見たことがなかったので,
これが本当にカナダカモメなのか
あまり自信がないのです。

もし間違っていたら,ご指摘いただければ幸いです。

|

« 港で その① ミミカイツブリ | トップページ | 港で その③ ウミスズメ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 港で その② カナダカモメ:

« 港で その① ミミカイツブリ | トップページ | 港で その③ ウミスズメ »