« ウトウ | トップページ | クロウタドリ »

ミツユビカモメ

ウトウを見に出かけた時の続き。

現場には,ウトウの他にウミスズメが出ると言うことだった。
それで,ずっと待っていたけれど,なかなか出てこない。

ウミネコが飛んだり浮かんだりしていたけれど,
その内に,ミツユビカモメが混じって飛び始めた。
第1回冬羽の個体が一羽。
嘴が黒く,目の後ろと後頸に黒い斑があり,
翼の前縁も黒い。
My03




上の個体に比べて黒い部分がかなり薄くなっている。
坊主頭を,ぬっと突き出したように見えるのがおもしろい。
嘴は,先端に黒い斑があるけれど,成鳥のような色。
第1回夏羽に移行中の個体だと思うのだが・・・。
My04




風上に向かって飛びながら,海面にダイブ。
見事に小魚をゲットした第1回冬羽。
My01




負けじとダイブして,これまた小魚をゲットした第1回夏羽。
My02




翼の前縁と背面で描く見事なM。
飛んでいるところは,成鳥よりきれいだ。
My05




こっちの方だって,ちょっと薄いけれどもM。
My06




ウミネコ(成鳥間近?)と一緒になって,
何度も何度も往復していた。
別の鳥を待つ時間を楽しませてくれた。
My07




沖合をクロサギも飛んでいた。
Kuro




北の方へ向かって飛んでいったアオサギの群れ。
Ao




はるか沖の方では,オオミズナギドリの大群が乱舞していた。
遠すぎてかすんでいたのでどうしようもなかったけれど,
時々,少し近寄ってくれる個体もいた。
Nagi


ウミスズメは,一度だけ飛んだ。
あっと思っただけで,間に合わなかった。

|

« ウトウ | トップページ | クロウタドリ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミツユビカモメ:

« ウトウ | トップページ | クロウタドリ »