« 石垣・与那国探鳥記 ’16-4 ミフウズラ | トップページ | 見島探鳥 ミヤマヒタキ etc. »

石垣・与那国探鳥記 ’16-5 シベリアムクドリ

今回の与那国では,思いがけない鳥に会うことができた。
シベリアムクドリだった。
もちろん,うれしい初見。
これで,後はバライロが残った。

電線にコムクドリ(右)と一緒にとまっていた。
首を縮めているので分かりづらいが,
コムクドリの方が若干大きかった。
Sibe01




比川を朝一番に回っている時に,コムクドリの集団を見つけた。
50羽ほどが,ずらりと電線に。
何か変わったのがいないかなと見ていくと,
1羽だけ,頭と腹が白い。
(この写真の中央に写っている)
ギンムクにしてはちょっと変だから,
コムクの変異の内だろうと思ったけれど,
とりあえず撮影しておくことにした。
シベリアムクドリなんて言う言葉は,全く念頭になかった。
Sibe02




ということで,近くの電線にとまったので,近づいて撮影。
背面がよく見えなかったので,
前面だけ見ればコムクドリの白い個体だ。
シベリアムクドリというのは,宿に帰って図鑑を見て初めて分かった。
危うく,見逃すところだった。
コムクドリよりずっと大きいと思っていたし,
まさかコムクドリに混じっているとは思いもしなかった。
冷や汗,冷や汗。
でも,ラッキー!!
Sibe03





この辺りによくいるムクドリが,やって来た。
コムクドリよりかなり大きい。
Muku




近くの電線には,与那国でよく見かけるアカハラツバメもいた。
叫んでいるのか,あくびなのか・・・。
ピンクの舌までしっかりと。
Aka




ムクドリと言えば,ギンムクドリが田圃で水浴びしていた。
これは初めて見た。
Gin




農道を通っている時に見つけたノジコ
白いアイリングで優しげな顔つきをしている。
Noji




良い感じの所にとまってくれたコホオアカ
Koho




ちょっとびっくりさせられたノビタキ
白い眉斑というか眉毛(?)があった。
あのMさんによると,若♂と言うことだった。
な~んだ。
Nobi01




これが,ワクワクさせられた個体。
ひょっとしたらマミジロではと思って,
同じくMさんに,期待しながら尋ねたところ,
あっさり,「ノビタキ若♂」とのこと。
な~んだ。
Nobi02




これは,西崎灯台にいた内の1羽。
ビンズイだとは思うのだけど,ちょっと模様が違うようにも・・・・。
背中の写真をしっかり撮影しておくのだった。
Bin


今回が6度目の与那国島だった。

ここに来て増えたライフリストは,
コシャクシギ,オオチドリ,ベニバト,ズグロチャキンチョウ,
カタグロトビ,ミフウズラ,オニカッコウ,ハイイロオウチュウ,
ナンヨウショウビン,シベリアムクドリ
亜種アオハライソヒヨドリ
オオノスリは,またもや,空振りだった。

与那国島は,とても遠いけれど,とてもラッキーな島だ。

|

« 石垣・与那国探鳥記 ’16-4 ミフウズラ | トップページ | 見島探鳥 ミヤマヒタキ etc. »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣・与那国探鳥記 ’16-5 シベリアムクドリ:

« 石垣・与那国探鳥記 ’16-4 ミフウズラ | トップページ | 見島探鳥 ミヤマヒタキ etc. »