« 支部探鳥行 アカショウビン | トップページ | 山の水場で キビタキ »

支部探鳥行 コノハズク赤色型

ふるさとの森では,
普通のコノハズクは見られないのだろうか?
またまた,赤色型のコノハズクだった。
巣箱の中から顔を出していた。
夜間のライトアップ中。
どう思っているのだろう?
怒って,にらんでいるような気もするけれど・・・。
Kon03




巣箱の中にはヒナがいるらしく,
昼間は,近くの枝にとまって見守っている,
というか,時々はコックリと・・。
Kon01




人間に慣れているのか,ずっと同じ枝にとまっていた。
Kon02




今回の探鳥行は鳥影が少なかったけれども,
草花や昆虫には,たくさん出会えた。
これは,アザミの花にやってきた,キタキチョウ
目の覚めるような黄色をしていた。
Kita




これは,休憩しているベンチにやってきたヒオドシチョウ(?)。
翅の裏側は,保護色の地味な色をしている。
Hiod




道路の砂利にやってきたサカハチチョウ
翅の表はおもしろい模様が見えるのだけれど,。
Saka





こんな虫にも出会った。
初めはアシナガバチかと思ったけれど違った。
調べたら,ヨツスジハナカミキリ。
そのまんまのネーミングだ。
Yotu





湿地には,珍しいミズギボウシの白花も咲いていた。
Miz




白花といえば,このナツツバキの花が,
山道のあちらこちらに落ちているのを見た。
花は椿に似ているけれど,葉っぱは別人だ。
Natu




帰る途中の中国道のSAで,ツバメの巣を見た。
ヒナが口をいっぱいに広げて餌をねだっていた。
親はとにかく大変だ。
Swa




珍しいことに,すぐ近くでコシアカツバメも子育ての真っ最中だった。
こんな風景は初めて見た。
巣の形が少しおかしい。
入り口の部分が壊れたのかも知れない。
Aka


今回の支部探鳥行,
鳥影は少なかったけれども目的の鳥はOKだった。
それに,梅雨だというのに雨にも邪魔されなかった。
そして,色んな草花虫たちも見ることができた。
おまけに,美酒もいただけた。
お世話になった皆さん,ありがとうございました。

|

« 支部探鳥行 アカショウビン | トップページ | 山の水場で キビタキ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支部探鳥行 コノハズク赤色型:

« 支部探鳥行 アカショウビン | トップページ | 山の水場で キビタキ »