« コミミズク | トップページ | ごあいさつ2017 »

カナダヅル

佐賀県支部有志で出水に出かけた。
ツルは1万羽を超えていたようだが,
エサやりの現場には居合わせなかったので
びっくりするような大集団を見ることはなかった。

これは,ほんの一部。
Gr





4羽のカナダヅルを見つけたけれど,
3羽しか撮れなかった。
多数のナベ,マナに混じっていると,
何が何だか分からない状態だけど,
鶴の群れから離れていたのでラッキーだった。
左にマナヅル,右にはナベヅル幼鳥。
カナダヅルは,ちょっと小振りなツルだ。
Kanada02





近すぎて,全身が入らなかった時もあった。
いつもなら,100-400mmを持ってるのだが・・・・。
残念。
こんなに近いのは本当に初めて。
Kanada03





これは上と別の個体。
赤い虹彩がしっかり見えた。
Kanada04





一番多いのはナベヅルだった。
Nabe01





運良く青空だったので,
飛んでいる姿は本当にきれいだった。
Nebe02





マナヅルの白は,また格別だった。
何枚も何枚も撮してしまった。
Mana01





見事な姿だなあ!!
Mana02





みんなであきらめた頃に,くまさんクロヅルを見つけた。
いい目をしている。
Kuro01




久し振りのクロヅルだった。
Kuro02





なんと,ヘラサギが3羽,ほんの道端にいた。
休憩中のようだった。
Hera



出水平野では,
鳥インフルエンザを防止するために,
自動車の車輪の消毒などをされていました。
関係の方々は,本当に大変だろうと思います。
1日も早い収束を願っています。

|

« コミミズク | トップページ | ごあいさつ2017 »

鹿児島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カナダヅル:

« コミミズク | トップページ | ごあいさつ2017 »