« ベニマシコ 遠い | トップページ | 山陰へ ② ハクガン »

山陰へ ① コハクチョウ

雪を心配しつつ山陰へ出かけた。
北の国でのスリップのトラウマがあったので,
今回は,JR+レンタカーとした。

斐伊川の河口付近にはコハクチョウ
成鳥やら若いのやらが,仲良く並んでいた。
くちばしの色や黄色部分,頭と首の色などが違っている。
Ko01





斐伊川から,エサを求めて飛び立っていくコハクチョウ。
水田に降りて,2番穂を食べている姿を見た。
Ko02_2





風力発電の風車をバックに飛ぶ。
Ko03





シンクロナイズドフライイング(?)か,
はたまたデュエットか?
青空に白がきれいだ。
Ko04





日没が近づくと,塒の斐伊川に帰ってくる。
だから,堤防の上で寒さをこらえて待機していた。
Ko06





夕焼けの空を続々と帰ってくる。
Ko07





実にきれいな編隊飛行を見た。
午後5時30分過ぎのことだった。
お見事!
Ko08





今回の目的の一つ,
アメリカコハクチョウを狙って見事にゲット!
・・・というのは,真っ赤なウソで・・・偶然の出来事でした。
実にラッキー!
本当のところは,探しても探しても見つからないので
完全にあきらめていたのでした。
(もしかすると,コハクチョウとの交雑個体かも知れない。)
Ame





ラッキーは連続するもので,
これまた偶然に,オオハクチョウをゲット!
いないと思っていた。
(右から2羽目の個体)
Big





またまた,偶然の産物。
(偶然ばっかしで,実力が・・・・?)
ダイサギとばっかし思っていたら,ヘラサギだった。
地元の干潟にはたいていいるし,出水でも見かけたし,
結構あちこちにいるんだ。
Hera


コハクチョウは1000羽くらいやって来ている,
という話を聞いたような気がする。
だから,とてもにぎやかだった。
それにしても,
川からのテイクオフを,うまく撮れなかったのが心残り。
必死で水面を駆けていくのが実に面白かったのだけれど・・・。

|

« ベニマシコ 遠い | トップページ | 山陰へ ② ハクガン »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山陰へ ① コハクチョウ:

« ベニマシコ 遠い | トップページ | 山陰へ ② ハクガン »