« 雪・氷・鳥 その① | トップページ | 雪・氷・鳥 その③ »

雪・氷・鳥 その②

タンチョウには,雪が似合う。

ここでは,
鳥インフルのせいで給餌を中止していたけれど,
餌を期待してか集まって来ていた。
Tan01





「阿寒国際ツルセンター」,
その国際の名に恥じず,欧米人も東洋人もやって来て,
大砲をずらりと並べていた。
30門以上だったか。
それなのに,タンチョウたちは気ににするそぶりも見せなかった。
Tan02





丹のない幼鳥も混じっていた。
Tan03





飛翔時には,次列風切と三列風切の黒が目立つ。
この黒を尾っぽだと思っていた頃もあった。
Tan04





近くの大木の幹にシロハラゴジュウカラを発見。
捕まえた虫を見せびらかすように。
Goz1





ハシブトガラが,雪の上で餌を探していた。
寒くて,ぷっくり。
Has01





黒いベレーにちょこっと黒髭。
可愛いねえ。
Has02





冬は,雪と氷で真っ白の世界。
この辺りだけ地面が見えているので,
マヒワの群れが餌を探していた。
地元では,ここ数年あまり見かけないのに・・・。
Hiwa01





よほど空腹なのか,
カメラを持ってずんずん近づいても逃げ出さない。
その距離なんと感動の5・6m!!
Hiwa02

前回は,鶴居村でタンチョウを見た。
こちらの方が,「国際」的なのかも知れないけれど,
どちらが良いのか,好みが分かれるところだろう。

とにかく,今回の目的の1/2は達成できた。

|

« 雪・氷・鳥 その① | トップページ | 雪・氷・鳥 その③ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪・氷・鳥 その②:

« 雪・氷・鳥 その① | トップページ | 雪・氷・鳥 その③ »