« 山陰へ ② ハクガン | トップページ | 山陰へ ④ おしまい »

山陰へ ③ マガン

地元にも,数羽がやってくるのだけれど,
ここは本当に,ものすごい。

稲の刈り株がある水田に集まっていたマガン(のごく一部)。
ガーガーという鳴き声がうるさいほど。
ずっと餌を探して下を向いていたが,
何かに驚いて一斉に顔を上げた,パチリ。
Mag01





斐伊川の堤防には,先日の雪が残っていた。
マガンたちは,時折集団で場所を移動していた。
Mag02





腹にある独特の黒斑が目立つ。
Mag03





黒い模様も様々。
Mag05





日没頃になると,コハクチョウと同じように,
あちらこちらのエサ場から,斐伊川の河口に帰ってくる。
編隊飛行をする群れもあった。
どうやって先頭が決まるんだろう?
Mag06





夕焼け空を帰ってくる。
Mag07





アカツクシガモがコハクチョウの群れに混じっていた。
この時はハクガンもすぐ近くにいた。
Aka01





何しろ,2番穂がかなり伸びているので,
アカツクシガモの姿も見え隠れ。
そして逆光!
Aka02





別の日には,マガンの群れにアカツクシガモがいた。
周りが白でも灰色でも気にしないんだね。
とにかく,ひとりぼっちが嫌なんだ。
Aka03





ずっと居眠りが続いたけれど,
ようやく顔を上げてくれた。
首に黒い線がないので,♀のようだ。
Aka04


カリガネも来ているらしいという話を聞いていたので,
マガンの群れを必死で探したけれど,駄目。
ひよっとしてどこかに間違って写っているのでは・・・と思い,
期待を込めて画像を隅々まで点検したけれど,駄目。
ラッキーは続かないものだ。
あれだけたくさんのマガンから1羽を探し出すのは,
本当に至難の業。

|

« 山陰へ ② ハクガン | トップページ | 山陰へ ④ おしまい »

遠征」カテゴリの記事

コメント

斐伊川河口でお会いしてお世話になった「もどき」です。
素晴らしい写真をたくさん撮られてますね。
当方の証拠写真とはひと味もふた味も違います。
アカツクシガモもハクガンももっと近くで撮りたかったです。
またどこかでお会いできたら嬉しいです。

投稿: modoki | 2017年2月 5日 (日) 14時26分

modokiさん コメントをありがとうございます!

先日は,こちらこそお世話になりました。
単独行で少し心細かったので,
同好のバーダーさんとお話しできたのはとても嬉しかったです。
またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

今後ともよろしくお願いします!!

投稿: ヒロちゃん | 2017年2月 5日 (日) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山陰へ ③ マガン:

« 山陰へ ② ハクガン | トップページ | 山陰へ ④ おしまい »