« 石垣・与那国探蝶記③ | トップページ | 鳥と花と蝶と »

見島探鳥記

2泊3日で,支部恒例の山口県見島へ探鳥に出かけた。
地元からは9名,港で3名の合流だった。

昨年はなかなか良かったけれど,
今年は,今いちだった。
そんな中で,仲間がキガシラセキレイを見つけてくれた。
完全な夏羽の個体ではなかったけれど,
とてもきれいだった。
01ki01





鳥が少ない中で格別可愛く見えた。
02ki02





伸びも見せてくれた。
03ki03





砂浜には亜種ホオジロハクセキレイもやって来ていた。
04hojiro





亜種タイワンハクセキレイも近くにいた。
05taiwan





亜種マミジロツメナガセキレイが耕作前の水田にいた。
06mamijiro





念願のキタツメナガだと思っていたら,
よくよく見れば眉斑があった。
亜種シベリアツメナガセキレイだった。
07siberia





上空を見上げるとアマツバメの群れが渡っていた。
08ama





サシバの群れも渡って行った。
09sasiba





山に入ると,エゾビタキがチョロチョロしていた。
愛想良しで,出ずっぱりの個体もいた。
10ezo





コサメビタキも一緒にいた。
そういえば,コサメとエゾはたいてい一緒にいる。
サメビタキは見かけなかった。
11kosame





ホオジロの仲間は,ノジコを見かけただけだった。
タヒバリの仲間は全くだった。
12nojiko




マミジロキビタキだと思って大喜びしてしまった。
よくよく確かめると,なんたることかムギマキだった。
何枚も何枚も撮したのに・・・。
13mugi


鳥に関しては,肩すかしだったけれど,
大いに語り大いに飲んで,鳥旅を堪能することができた。
また,神戸や広島の鳥友とも知り合えて,
楽しい一時を過ごすことができた。

お世話になった皆さん,ありがとうございました。

|

« 石垣・与那国探蝶記③ | トップページ | 鳥と花と蝶と »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見島探鳥記:

« 石垣・与那国探蝶記③ | トップページ | 鳥と花と蝶と »