« 大洗・苫小牧航路 アホウドリ | トップページ | エゾフクロウ »

大洗・苫小牧航路 ヒレアシシギ

今回一番の感動は,
海を渡っていく鳥たちの群れだった。

アカエリヒレアシシギが,津軽海峡を渡って行った。
Aka02





ハイイロヒレアシシギも海面すれすれに渡って行った。
そういえば,地元の蓮田に,
たった1羽が現れただけで大騒ぎしたことがあった。
Hai01





飛んでいるものや浮かんで休憩しているもの。
ほとんどがハイイロヒレアシシギだけれど,
アカエリヒレアシシギも混じっている。
Hai02





ほっと一息,休憩中。
Hai03





これは浮かんでいたものすごい大群の一部。
おそらく数千羽の群れだったろうと思う。
これが地元に現れたら,
すごい騒ぎになるだろうなあ。
Hai04





コシジロウミツバメが遠くを飛んでいた。
黒い体に,腰の白と雨覆の逆八の字が目立つ。
Umi





裏面は黒っぽくて,尾の切れ込みは深い。
Umi02





ウトウが,たった1羽で浮かんでいた。
Uto





突然に海が沸き立つ。
魚の大群が騒いでいるようだ。
Pt9a4790





ニュッと顔を出したのはアザラシ君だよね?
Aza





カマイルカの群れもフェリーにしばらくついてきた。
Kama

地元で見る事はほとんど無いハイイロヒレアシシギ。
海の上を渡って行っているんだなあ。
それも,こんなに大群で。
長い帯になって,ものすごい数浮かんでいた。
二度と見ることはないかも知れない光景だった。

|

« 大洗・苫小牧航路 アホウドリ | トップページ | エゾフクロウ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
大洗航路行かれたのですネ。私は5日名古屋発~苫小牧を、とんぼ返りで行って来ましたが、海鳥は少なかったです。下北半島~苫小牧は楽しませてくれましたけど、とくに房総沖は寂しかったです。ミズナギドリ類5種とアホウドリ類2種以外はこれといったものは確認できませんでした。

投稿: TN | 2017年6月15日 (木) 10時21分

TNさん コメントをありがとうございます!

私の方は,5月30日からの4泊5日で出かけました。
初見が2種できました。
一番嬉しかったのは,海鳥の大群を見たこと。
ハイイロヒレアシシギとハシボソミズナギドリはすごかったです。
特に,ハイイロは,鳥の渡りを実感できました。
残念だったのは,
ハイイロミズナギドリが判別できなかったこと,
トウゾクカモメを見つけられなかったこと。
これからもいろいろ教えてください。

投稿: ヒロちゃん | 2017年6月15日 (木) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大洗・苫小牧航路 ヒレアシシギ:

« 大洗・苫小牧航路 アホウドリ | トップページ | エゾフクロウ »