« 大洗・苫小牧航路 ミズナギドリ | トップページ | 大洗・苫小牧航路 ヒレアシシギ »

大洗・苫小牧航路 アホウドリ

コアホウドリはしばしば,
クロアシアホウドリは時々,
アホウドリは全然,
こんな感じだった。
前回は,3種とも出てきたけれど・・・。

コアホウドリは体が重いので,
飛び立つのは大変。
走る,走る。
Ko01_2





ようやくテイクオフ。
Ko02_2





長い翼で水面を気持ちよさそうに滑空する。
翼の影が海面に映る。
アイシャドウが目印。
Ko03_2





時々,下面を見せてくれた。
Ko04_2





沸き立つ海面の付近に浮かんでいたコアホウ。
魚の声でも聞いていたのかも。
Ko05_2





クロアシアホウドリも走る。
脚の長さより,かなり長い水跡だ。
Kuro01_3





ようやく浮力がついてきた。
Kuro02_2





クロアシアホウドリと言うより,
黒アホウドリという方が適当だと思うくらい,全身真っ黒。
Kuro03_2





真っ黒な下面に,嘴の根元の白が目立つ。
もちろん,脚は黒い。
Kuro04_2





このフェリーは施設が充実していて清潔だった。
荷物があるので,雑魚寝の大部屋は止めて個室にした。
元々4人部屋なのだけれど,行きも帰りも一人だったので,
快適に眠ることができた。
Ship01_2





レストランがないのがちょっと不便だけれど,
自動販売機が設置してある食事のスペースがあった。
食べ物はたいした種類・内容ではないので,
乗り込む前に弁当やつまみを買い込んだ方がよいかも知れない。
Ship02_2





なんと,展望風呂まであった。
長距離トラックのドライバーにとってはありがたいだろうなあ。
Ship03_2





というところで夕食だ。
元々ご飯を食べないので,これで十分。
勉強しながら楽しんだ。
ビールと酎ハイしか置いて無くて,
ウイスキーや焼酎がないのが残念だった。
Ship04_2


乗客を退屈させないために,
色んな施設が充実しているフェリーだった。
好きな本でも読みながら,ちびりちびりと酒を飲む。
鳥見を離れて,そんな船旅も良いかもしれないなあ。

|

« 大洗・苫小牧航路 ミズナギドリ | トップページ | 大洗・苫小牧航路 ヒレアシシギ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大洗・苫小牧航路 アホウドリ:

« 大洗・苫小牧航路 ミズナギドリ | トップページ | 大洗・苫小牧航路 ヒレアシシギ »