« 東与賀 5/1 | トップページ | カラアカハラ »

見島探鳥記 '18

野鳥の会の仲間たちと,見島へ出かけた。
5.4~5.6,2泊3日の旅。

今年は,八町八反がにぎやかだった。
同じ水田の周りを離れないハシグロヒタキ♀がいた。
距離もかなり近いので,しっかり撮影できた。
Hasiguro01





すっくと立った姿がきれいだった。
Hasiguro02_2





もう十分に堪能したので,
場所を変わろうとして歩き出すと,
突然,目の前の道路にやって来た。
だから,(しようがないので?)また撮影した。
とにかく,警戒心がとても薄い個体だった。
Hasiguro03





水田の端に生えている柳の木には,
コホオアカがいた。
枝の茂みに入り込んで,なかなか手強かった。
他にも,シマアオジやノジコやキマユホオジロが,
いるとか,いたとか・・・。
Koho





ちょっと離れたところで出会い頭のキマユホオジロ
久し振り。
キマユだらけだった内院を思い出した。
Kimayu





磯浜にセキレイを探しに行ったら,
チュウシャクシギキョウジョシギに出会った。
両方とも干潟でよく見る鳥だけど,
波の上を飛ぶ姿は格別だった。
こうやって渡って行くんだね。
Tyukyou





山道で見かけたエゾビタキ
最近は,車がやたらと増えて,
歩きながらの鳥探しが難しくなった。
Ezo





林道で見かけた逆光のコサメビタキ
Kosame





繰り返し僕等の周囲に現れたブッポウソウ
2羽が交代で人間をからかいにやって来た。
残念ながら,なかなかとまってくれなかった。
どうにか撮れた1枚。
Bupo





宇津への道で見かけたコムクドリ
始めは離れていた2羽だったが,
♂(右)の方が近づいていってこんな風に。
Komuku





砂浜には,タイワンハクセキレイとハクセキレイがいた。
昨年はキガシラもいたのだけれどね。
Taiwan





見島を離れる日,ムシクイの群れが入ってきたようだった。
付近の松林で見かけたセンダイムシクイ
虫探しに夢中で,随分同じ場所にいた。
Sendai


鳥合わせ。

マガモ,カルガモ,カイツブリ,ウミウ,ウミネコ,オオミズナギドリ,
アカガシラサギ,アマサギ,コサギ,チュウサギ,ダイサギ,アオサギ,オオバン,
ウズラシギ,タカブシギ,アオアシシギ,セイタカシギ,キョウジョシギ,チュウシャクシギ,
キアシシギ,オグロシギ,イソシギ,
ミサゴ,ハチクマ,トビ,ハヤブサ,チョウゲンボウ,ハイタカ,
カラスバト(声),キジバト,ツツドリ(声),セグロカッコウ(声),ブッポウソウ,カワセミ,
ツバメ,コシアカツバメ,ショウドウツバメ,イワツバメ,(ムネアカツバメ)
セキレイ,キセキレイ,(タイワンハクセキレイ),コルリ(声),ジョウビタキ,
ハシグロヒタキ,サンコウチョウ,イソヒヨドリ,ツグミ,シロハラ,ヒヨドリ,
ウグイス,センダイムシクイ,エゾムシクイ,キビタキ,コサメビタキ,エゾビタキ,
メジロ,スズメ,キマユホオジロ,コホオアカ,アオジ,(シベリアアオジ),
カワラヒワ,ノジコ,ムクドリ,コムクドリ,ハシボソガラス,ハシブトガラス

機材を背負って,3万歩以上がんばった日もあった。
疲れも残らなかったので,なんとなく自信がついた探鳥行だった。

お世話になった,皆さん,
楽しい日々をありがとうございました。

|

« 東与賀 5/1 | トップページ | カラアカハラ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見島探鳥記 '18:

« 東与賀 5/1 | トップページ | カラアカハラ »