« 東与賀 6/27 | トップページ | 激流 サギ »

ケリの受難

自宅から歩いて数分の所にケリが集まる田んぼがあった。
春先になると田起こし前の草むらに巣作りをしているので,
田起こしを始めた農家の人の頭上で,
「ケリ!ケリ!」と泣き叫んで飛び回るので,
ちょっと怖い,と言う話を聞いたことがあった。

田植えが済んだ頃には,
毎年,10羽以上のケリが見られるのだった。
そして,稲が大きく育つ頃には,
ほとんどは,別の場所に移動しているようだった。

町道とパチンコ店の駐車場に挟まれた狭い土地なので,
何で,こんなに落ち着かない場所にやって来て
子育てをするのか不思議だった。

今年になって,
この土地を全部埋め立てて宅地にする工事が始まった。
ここにやって来ていたケリにとっては受難だけれど,
他に巣作りの場所がないわけではないだろうから
仕方がないなと思って見ていた。

左側が造成が進行しつつある土地。
草むらの中央辺りに,ケリの親。
Keri02_2





ところが,最近よくケリの叫ぶ声を聞くようになった。
早く,静かな場所へ飛んでいけば良いのに,
何でだろうと思っていた。
Keri01





ケリには雛がいたのだった。
飛んでいきたくとも行けないのだった。
重機の音はするし,車や人は近くを通るし,
警戒することだらけで,叫んでいたのだろうか。
雛がいるとは,今日までまったく知らなかった。
Keri03





親が,警戒の声を出したりすると,
じっと草の中で動きを止める。
小さいし,土の色をしているし,なかなか雛の姿は見つけにくい。
Keri04





警戒が解けると,
好奇心旺盛な雛は,あちこち動き回る。
Keri05





あろうことか,こんな場所までやって来る雛もいた。
Keri06





怖さも知らずに盛んに餌を探していた。
Keri07





近くを通りかかる雛。
「用心しなさいよ!」とでも言っている親。
知らん顔の雛。
Keri08





雛は,全部で3羽いた。
産毛だらけでふわふわのくせ,一人前に羽を伸ばした。
早く羽が完成して,本当に一人前になり,
安全な場所へ飛んでいってほしいものだ。
Keri09


工事が着々と進んでいるようで,
雛のことが心配だったので,
町の建設課に,電話で要望を申し入れた。
「少なくともケリの雛が飛べるようになるまでは,
埋め立てを行わないようにして欲しい。」

これからしばらくは,しっかりと見守っていきたい。

|

« 東与賀 6/27 | トップページ | 激流 サギ »

佐賀」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。 
いつもお世話になっております。
ケリの子育てが無事にすむことをすむことを祈っております。
最近いつも不思議に思っています。
6月のこの時期に見かけるケリさんたち、冬はどこにいるの? 
冬のケリを見たことがありません。
ベテランバーダーさんにおたずねしてもわかりません。
図鑑的には留鳥。 南部に移動。 ???
どこにいるの 冬のケリさん?

投稿: サリー | 2018年6月29日 (金) 22時37分

サリーさん,コメントをありがとうございます!

そういえば,冬はどうだったかな?
近くのケリは,冬の間もいたような気が・・・??

確か,1月2日の朝日山観察会で,
見られたことがあったのではなかったかなあ?

そうだ,思い出しました!
2月の,麓公民館観察会で見つけたことがありました。

と言うことで,冬もいます。
冬の間は,あまり叫び立てないので,
いることに気付かないだけではないのでしょうか?

投稿: ヒロちゃん | 2018年6月29日 (金) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケリの受難:

« 東与賀 6/27 | トップページ | 激流 サギ »