« 激流 サギ | トップページ | 伊吹山の続き »

伊吹山 イヌワシ

県支部有志で,伊吹山へ遠征した。
目指すはイヌワシ。

行けば誰かいるだろうと考えていたら,
大駐車場手前の道端に同好の士が。
気を良くして,一緒にさせて貰い,待つ。
しかし・・・待てど暮らせど・・・。
付近の草花や虫たちを撮影して時間を潰す。
昼食を済ませて,またまた,じっと待つ。

とうとう,先客がみんな帰ってしまったので,
仕方なく下山していると,
何やら鳥を見ている雰囲気の人影が目に入った。
あわてて車を降りて,双眼鏡で探すと,
遠いけれども,とにかく念願のイヌワシがいた。
ガスまでかかっていたので,とにかくの証拠写真。
In01





岩山にとまっていたイヌワシが飛び出した。
みんなで探していると,斜面のイヌワシを仲間Bさんが発見。
道路沿いにそっと近づいて,夢中で連写。
イヌワシは,日本に暮らす最大の猛禽らしく,
とても精悍な顔つきだった。
In021





そのうちに,日暮れが迫る空を飛び去った。
In022





翌日になって,イヌワシを見つけた岩場を見ていると,
別の方角のガスの空に浮かんだ2羽の鳥を発見。
黒っぽい姿にしか見えなかったので,
トビだろうと思っていると,
「イヌワシだ!」,仲間Mさんの大声。
なんと,つがいのイヌワシの出現だった。
強風に浮かぶようにして餌を探していた。
見事な爪!
In31





つがいが仲良く並んだ。
多分二度と見ることがない光景を,夢中で撮した。
さて,どちらが♂で,どちらが♀なのか・・・。
この山には,2羽しかいないと聞いた。
その2羽が,一緒に浮かんでいた。
なんと幸運な!!
In32




とにかく強風だったので,
羽ばたきもせずに長い間浮かんでいた。
In33


In34






しばらく,遠来の客を楽しませてくれた。
そして,昨日の岩場に降り立った。
どうやら,お気に入りの場所らしかった。
In35





後からやって来た♀(?)のそばへ場所を移した♂(?)
いつも寄りそって暮らしているのだろうな。
In36


見られないかも知れないと思っていたイヌワシ。
眼下を飛ぶ姿は見られなかったけれど,
仲良く2羽で飛んでいるのに遭遇できた。

ラッキーな仲間たちと遠征できてハッピーだった。

|

« 激流 サギ | トップページ | 伊吹山の続き »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹山 イヌワシ:

« 激流 サギ | トップページ | 伊吹山の続き »