« 道東鳥見旅 ’18-2 コクガン | トップページ | 道東鳥見旅 ’18-4  シロカモメ,ワシカモメ »

道東鳥見旅 ’18-3 コオリガモ

今回の目的の一つは海鳥にあった。
しかし,落石も歯舞もクルーズできなかった。
歯舞は欠航の電話が律儀にも早朝に入ったけれど,
落石は,何の連絡もなかった。

と言うことで,「岬めぐり♪」ならぬ湾めぐり。

コオリガモは,ちょっと変わった顔のカモだ。
正面顔は,カモとは思えないほど。
成鳥♂
Kori





遠目にも,白い頭がよく目立つ。
それに,このぴんと上向きに伸びた尾がかっこ良い。
オナガガモの尾も長いけれど,こちらの方が更に長い。
Kori02





嘴の端にある板歯を見ていると,
なんだか犬の顔でも見ているような気になる。
Kori03





第1回冬羽の個体も混じっていた。
若くても,成鳥に負けないくらい尾はぴんと上を向いていた。
Kori04





コオリガモの白に対して,こちらは全身真っ黒。
クロガモの♂。
真っ黒の体に,上嘴の黄色がとても目立つ。
外海でも湾内でも,至る所でよく見かけた。
あの独特の声で鳴き交わしていた。
Kuro01





こちらは,♀。
クロガモと言っても,少し褐色がかる。
Kuro02






荒波をものともせずに,潜水を繰り返していたミミカイツブリ
ザクロみたいに真っ赤な目。
Mimi





ミミカイツブリの近くでエサ取りをしていたアカエリカイツブリ
Akaeri01






しばらく毛繕いをしていたけれど,最後には羽ばたきをした。
潜ってばかりだけれど,飛べるんだろうね?
Akaeri02





潜水を繰り返していたけれど,
ついに獲物をゲット!
上とは別の個体。
Akaeri03_2


この時期は,
鳥見のために船でクルーズに出るという酔狂な者が少ないようだ。
やはり,1月にならないと海鳥の出が良くないのだろうか。
 

|

« 道東鳥見旅 ’18-2 コクガン | トップページ | 道東鳥見旅 ’18-4  シロカモメ,ワシカモメ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東鳥見旅 ’18-3 コオリガモ:

« 道東鳥見旅 ’18-2 コクガン | トップページ | 道東鳥見旅 ’18-4  シロカモメ,ワシカモメ »