« 道東鳥見旅 ’18-5 チシマウガラス | トップページ | 道東鳥見旅 ’18-7 シマエナガ »

道東鳥見旅 ’18-6 エゾアカゲラ

ずっと積雪がなかったのに,
道東に出かけた途端の積雪だった。
根室市民の森の看板からハイドまでの道が,
雪に埋もれて,歩くのにひと苦労だった。
しかし,ハイドはよく手入れがされていて気持ちが良かった。

餌台に餌を補充すると,
待ち構えていたように,カラたちがひっきりなしにやって来た。
餌を食べるわけではないけれど,
カラたちに誘われるようにエゾアカゲラ♂もやって来た。
白い世界で,後頭部とした腹の赤が目立っていた。
Aka01





「こんなに近くに!」と驚く距離。
嘴で幹をガンガンつついたり,
こんなにも必死でほじくったり。
Aka02





可憐な飛び出し。
風切り一面の白点がきれいだ。
雪でも積もったように白い肩羽も目立つ。
Aka03





餌台に一番多かったのはハシブトガラ
人慣れしているような感じ。
ハシブトガラと言うけれど,何と比べて太いんだろう?
むしろ,小さくて可愛い嘴だ。
Buto





シロハラゴジュウカラも良くやって来た。
ハシブトガラを追い払うようにして食べていたけれど,
お腹いっぱいになると,幹の隙間に隠していた。
そして,得意のポーズ!
Goju01




次は,下向き。
Goju02





今度は,カメラに向かって。
可愛い顔つきだ。
Goju03





明治公園にも鳥を探しに行った。
一面の銀世界の中,
ハシブトガラ,ヒガラ,シジュウカラ,ヤマガラ,シメ,エゾコゲラなどを見た。
幹にへばりつくようにして何かいると思ったら,キバシリだった。
保護色で見落とすところだった。
Kibas_2


今回の鳥見中,
野付でも,走り古丹でも,港巡りでも
バーダーには一人として出会わなかった。

ところが,明治公園に鳥を探しに行った時,
現地のバーダーに出会った。
鳥に詳しい方で,鳥談義を楽しむことができた。
そして,名刺を交換してびっくり。
なんと,「根室市副市長」との肩書きだった。
根室市には,鳥に理解がある人が行政のトップにいて
素晴らしいことだと思った。

|

« 道東鳥見旅 ’18-5 チシマウガラス | トップページ | 道東鳥見旅 ’18-7 シマエナガ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東鳥見旅 ’18-6 エゾアカゲラ:

« 道東鳥見旅 ’18-5 チシマウガラス | トップページ | 道東鳥見旅 ’18-7 シマエナガ »