« 道東鳥見旅 ’18-1 オオワシ | トップページ | 道東鳥見旅 ’18-3 コオリガモ »

道東鳥見旅 ’18-2 コクガン

野付半島から湾の方を見ると,
オオハクチョウとコクガンがたくさん浮かんでいた。

先端付近で,
立ち止まってコクガンの群れをみていると,
少しずつ近くに寄って来た。
頸の白が,ちょっとおしゃれだ。
Koku01





じっとしていたから近寄ってきたと思っていたが,
近寄って来たわけは,
岸辺付近に餌になるアマモが生えているからだった。
Koku02





飛び立ち。
羽の模様を見ると,幼鳥が混じっているようだ。
Koku03





湾の中の浅瀬に降り立つ。
Koku04





ここには,オオハクチョウもたくさんいた。
Sw01





深いところで餌を採るときは,
逆立ちして顔を水中に突っ込んで藻などを採る。
Sw02





変な模様のあるオオハクチョウがいた。
珍種かな?
Sw04





なんと,浅瀬でアマモを採っていて,
それが巻き付いたようだった。
けれど,どうやったらこんな風になるの?
Sw05





なかなか見つけられなかったユキホオジロ
30分くらい必死で歩いて,
やっとのことで,50羽くらいの群れに出会ったのだけど・・・,
少しでも近寄るとすぐに一斉に飛び立つ。
「雪の中でないユキホオジロじゃねえ・・・」
と,自分に言い聞かせて,深追いを止めたのだった。
(本当のところは,
もうこれ以上追いかける気力も体力もなかったから・・・)
Yuki


この辺りには,もう一つ走古丹というのがあるけれど,
今回は,野付の方が面白かった。

走古丹は,ほとんど先端まで車で行けるけれど,
野付半島はそうではない。

灯台までは簡単に車で行ける。
しかし,ここから先に車で行くには許可証が必要。
これは,ネイチャーセンターの2階で申し込めば,
すぐに発行してくれる。
これを知らないで,
灯台からずっと歩いてきた若者と遭遇した。
(すごくきつそうだったので,帰る時に便乗させてあげた。)

許可証を貰って灯台から先に進んでも
先端の手前までしか車の乗り入れはできない。
そこから先端までは,
砂と小石が混じり非常に歩きづらい場所を
30分くらい自分の足で歩かなくては行けない。
「もう嫌だ」と思うくらい,
体に優しい運動になることは実証済み。

|

« 道東鳥見旅 ’18-1 オオワシ | トップページ | 道東鳥見旅 ’18-3 コオリガモ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道東鳥見旅 ’18-2 コクガン:

« 道東鳥見旅 ’18-1 オオワシ | トップページ | 道東鳥見旅 ’18-3 コオリガモ »