« イナバビタキ | トップページ | 見島探鳥記 ’19-② オジロビタキ »

見島探鳥記 ’19-① ズグロチャキンチョウ

支部の有志で,恒例の見島へ出かけた。
初日は,びっくりするほど小鳥がいた。

最初に見たのは,ズグロチャキンチョウ
草原と灌木の間を行き来していた。
Tya02




正面を向くと,特に頭の黒い部分が目につく。
黒ヘルメットをすっぷりとかぶったような顔つき。
Tya01





ノジコ♂も草原にいた。
頭部の色が,メジロになんとなく似ている。
白いアイリングもあるし・・・。
Noji




ここでもコホオアカを見かけた。
この春は,多数渡りをしているのか,
あちらこちらで見かける。
Koho




カシラダカ♂の夏羽はきれいだ。
真っ白に黒と茶が映える。
Kasi




タイワンハクセキレイは,島のあちこちで見かけた。
Taiw





ホオジロハクセキレイは,1羽だけ見かけた。
Jiro





ツメナガセキレイはあまり見かけなかった。
これは,マミジロツメナガセキレイ
Mami_1


いつもは,キャノン500mmに1.4テレコンで持って行くのだけど,
今回は,シグマ150-600mmを持参した。
三脚も3シリーズにしたので,とにかく軽かった。
600mmのピントは,まあまあだが,
肩の疲れを考えると,許せる範囲だった。

そして,5月1日の八丁八反は,
目移りするくらいに小鳥が飛び交っていた。
それでも,2日前はもっとすごかったらしい。


|

« イナバビタキ | トップページ | 見島探鳥記 ’19-② オジロビタキ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イナバビタキ | トップページ | 見島探鳥記 ’19-② オジロビタキ »