« 見島探鳥記 ’19-③ ノゴマ | トップページ | チゴモズ »

ヘラシギ

東与賀干潟に県外ナンバーがワンサカ集まった。
ここで,これほどの車を見たのは初めてかも知れない。
みんなのお目当ては,ヘラシギ
それも,きれいな夏羽だ!!
Hera01 





ヘラシギは,姿形がトウネンによく似ている。
遠目には,そっくりさんだ。
違いと言えば,
嘴の形が違うのは当然だけれど,
胸から腹にかけて斑点がある。
頭部の色もトウネンより暗色。
Hera02




背中には,Vの字に見える淡色の部分があるのだが,
分かりにくい。
Hera04




嘴の形は,真横を向いていると,ほぼ判別不能。
Hera03




こんな格好をしてくれると,
ヘラの形が良く分かって助かるのだけれど・・・。
Hera06





潮が満ちて,トウネンたちが空き地に上陸(?)してしまった。
そこに混じっているはずのヘラシギを,みんなで探した。
いくらしつこく探してもヘラシギはいない。
それでも,探していると,
1羽だけ混じっていたハマシギの近くに,
なんだか分からないシギを見つけた。
達人に尋ねると,
「ヒメハマシギでないことは明白だけど,
なんだか分からない。
多分ハマシギの雑種ではないだろうか。」
と言うことだった。
Sigi01





ハマシギを小型にしたくらいの大きさ。
体型もよく似ている。
トウネンよりずっと大きい。
一体,このシギはなんだろう??
どなたか,教えてください。
Sigi02

世界中で300羽くらいしかいないという,ヘラシギ。
絶滅危惧種ⅠAに指定されているヘラシギ。
この春の渡りで,この東与賀干潟に
なんと3羽(2羽?)もやってきた。
5月上旬からずっと観察されている。
もうそろそろ旅立つ頃だろう。
無事に渡り,無事に繁殖してほしいものだ。

|

« 見島探鳥記 ’19-③ ノゴマ | トップページ | チゴモズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見島探鳥記 ’19-③ ノゴマ | トップページ | チゴモズ »