« チゴモズ | トップページ | モンゴル探鳥行 その① »

コジュリン

この時期になると,オオジシギを見に出かける。
しかし,今年は待てど暮らせど,地鳴きさえ聞こえなかった。
聞こえたのは,カッコウ,ホトトギス,ジュウイチの声。
それから,いつもは聞こえるツツドリの代わりに,
セグロカッコウの声が聞こえた。

コジュリンは,なぜか♂ばかり見かけた。
ヒメジオンの上にやって来た。
黒い頭をしているので,なかなか目が見えないのだが,
すぐそこまで来たのでバッチリ見えた。
02




ホオアカに似たような鳴き声だが,ちょっと違う。
囀りの途中に金属的な音が少し混じるので,
いつもこの音を頼りに探すことにしている。
大きく口を開けて,精一杯声を出す。
03





声を絞り出すと,このような顔つきに・・・。
04 



なにか・・・?
05




枯れ草のてっぺんでも囀る。
06




近くにいたコヨシキリも,負けずと囀る。
オオヨシキリに似てるような似てないような声だ。
07

コジュリンより大きいオオジュリン(当たり前!)の夏羽。
見たことがないけれど,図鑑によれば黒い頭をしている。
オオジュリンはこちらでは冬鳥なので,黒い頭は見られない。
黒くなりつつあるのは見たことがあるけれど,
一度は,真っ黒頭のオオジュリン見てみたい。

|

« チゴモズ | トップページ | モンゴル探鳥行 その① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チゴモズ | トップページ | モンゴル探鳥行 その① »