« モンゴル探鳥行 その⑥ | トップページ | 山の水場でクロツグミ »

東与賀 7/18

満潮の頃までは雨が降らないという天気予報を信じて干潟へでかけた。

腹は赤くないけれどコオバシギが1羽いた。
今頃,冬羽?
Koba_20190720211501





夏羽のオバシギもいた。
なぜだか,オバシギとコオバシギはたいてい近くにいる。
Oba





色付きが少ない干潟で,オオメダイチドリはよく目立っていた。
Pt9a5731





黒っぽい色のシギがいたのでちょっと戸惑った。
夏羽のアオアシシギだった。
Ao





何ごとか叫んでいるオオソリハシシギの勇姿。
一体,誰に向かって叫んでるんだろう。
Osori_20190720211501





こちらは,毛繕い中のホウロクシギの勇姿。
誰だか,ちょっと分かりにくい姿だ。

Horoku





何ごとか話しているようにも見えるクロツラヘラサギの勇姿。
大きな二枚舌のようにも見えるんですが・・・。
Tura


この他に,干潟で見たシギ・チ

シロチドリ,メダイチドリ,ダイゼン
トウネン,ハマシギ,ソリハシシギ,ダイシャクシギ

以上でした。

|

« モンゴル探鳥行 その⑥ | トップページ | 山の水場でクロツグミ »

干拓地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モンゴル探鳥行 その⑥ | トップページ | 山の水場でクロツグミ »