« アオバト | トップページ | 東与賀 9/12 ハシブト »

東与賀 8/29 カラフト

干潟では,南(沖の方)からの強風が吹いていた。
シギ・チがみんな,お尻を向けているだろうなあ,
撮影しにくいだろうなあと思って見ていると,
シギ・チの達人Nさんから,
目の前にカラフトアオアシシギがいる,
と言う助言。
えっ,と思って探してみるが,
情けないことに,自力では見つけきれない。
ふつーのアオアシと区別がつかないのだった。
だから,教えて貰ってようやく発見。

カラフトアオアシシギ
の幼鳥がいた。
でっかい嘴,とは言うけれど・・・?
Karahuto01




カラフトは短足だと聞いたけれど,
ふつーのアオアシシギ比べて,ようやく納得できた。
たしかに,たしかに・・・!!
2羽の短足カラフトアオアシシギだった。
(間にいるのはダイゼン。)
カラフトは,つがいなんだろうか?
Karahuto02




つがいかも知れないと言えば,
このウズラシギは,どうなんだろうね。
(干潟には,ウズラシギが増えていた)
Uzura




エリマキシギの幼鳥もやって来ていた。
この時期は,繁殖地から南下してきたと思われる幼鳥をよく目にする。
Erimakij




コオバシギの幼鳥もいた。
この他に,まだ夏羽の赤を残した成鳥も目にした。
Kooba_20190830222101




オオソリハシシギの幼鳥は,とてもきれいな羽をしていた。
Osori_20190830224201




オオメダイチドリの幼鳥もいた。
夏羽もきれいだけれど,幼鳥も端正できれいだ。
成鳥もいたような気がするけれど・・・,確かではない。
Omedaij




今期初めての,キリアイ
ハマシギの群れに交じっていて,ちょこちょこ動き回るので,
探し出すのが大変だった。
この個体も幼鳥だ。
Kiriai




変わった(奇怪な?)顔つきのキョウジョシギが,蟹を食べていた。
地味色になっていく干潟では,黒と茶色がよく目立っていた。
Kyojo


佐賀県の各地に大きな被害をもたらした豪雨だった。
西の方の工場から,油の流出もあった。
干潟への影響が心配だった。

とりあえず,豪雨による流木等はたいしたことはなかった。
また,油の漂着も見かけなかった。
と言うことで,一安心。😃

カラフトは,全部で4羽いた。

|

« アオバト | トップページ | 東与賀 9/12 ハシブト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アオバト | トップページ | 東与賀 9/12 ハシブト »