« 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ④ | トップページ | アカアシチョウゲンボウ »

石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ⑤

今回の与那国は,いつもと違う事が一つだけあった。
それは,ホテル。
島の宿は,みんな民宿だから,いわゆるホテルはないと思う。
(全部宿泊したわけではないが・・・)
その例外が,今回宿泊した島唯一の(正式?)ホテル。
きちんとしたベッド,一部屋ずつのシャワーとバス,エレベーター。
当たり前だけれど,嬉しかった。
もちろん宿泊料も随分と高かったけれど,
ここしか空きがなかったからしょうがない。
しょうがないけれど,いつもの与那国より快適だった。

さて,鳥見の話。
この鳥を見たとき,
首の後ろに黒い線があるので,シラコバトかなと思った。
しかし,よく見ると,尾が短いし他にも色々と・・・。
おそらくベニバトの幼鳥だろうと思う。
Beni





この島では大抵コムクドリの群れを見かけるのだけれど,
その中に数羽混じっていた,カラムクドリ
白,黒,灰色と,すっきりとした色がきれいだ。
Karam





新設の(?)用水路横の葦にいたコイカル
頭の色と嘴の先端の色から,若い♂ではなかろうかと思う。
この島で,イカルさえ見た覚えがなかったので,
一見した時に,つい別の鳥だと思ってしまった。
Koi01





上の鳥と一緒に行動していたコイカルの♀。
Koi02





これはお手上げのムシクイ
頭央線は,皆無。
大きさ,地鳴き,共に覚えていない。
オオムシクイでは?・・・などと勝手に思ったりしているのだが・・・。
Hatena





与那国島では,あちらこちらに馬が放牧されている。
与那国島にいる馬は,
みんな天然記念物のヨナグニウマかと思っていたら,
どうやら,間違いだったようだ。
白い毛があるヨナグニウマはいないらしい。
血が混じらないようにかどうか知らないけれど,
北牧場と東牧場にだけヨナグニウマが放牧されているらしい。
(あれっ,ここは多分東牧場だと思うのだが・・・?)
Horse




生まれて初めて,どこかの島でこれを見たとき,
てっきりパイナップルだと思ってしまった!!
(パイナップル畑なんて見たこともなかったし・・・。)
もちろん,今は正しく理解しています。
Adan





与那国島で一番の器量よし(あるいは美少年)
かどうかは,よく分からないけれど,なかなかの可愛さ。
Yonaguni02





石垣島編での出し忘れ,アカスジベッコウトンボ
赤が強烈だった。
こんなに赤いトンボを初めて見た。
Akasuji





島を離れる日は,たいてい最後にここを訪れる。
西崎(いりざき)灯台付近。
上の左には「日本最先端の碑」があり,記念写真ポイントだ。
また,頂上から見下ろす港や久部良の集落付近は絶景。
台湾島が目の前にあるはずだけれど,
なぜだか,年に数回しか見えないという話だ。
Yonaguni01

与那国島で鳥見をするときに,困っていたのが昼食。
店を何軒か知っているので,おにぎりとか菓子パンとかで済ませていた。
野菜が全くと言って良いほど,採れないのでいやだった。
ところが,ホテルの食堂が利用できるし,空港の食堂だってOKだ,
ということを,なんと今頃になって発見した。
何度も出かけているけれど,まだまだ知らないことが多いんだなあ。

鳥見とは全く関係のない話で,石垣・与那国探鳥記は終わりです。

現地でお世話になった皆様,最後までお読みくださった皆様
ありがとうございました。

|

« 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ④ | トップページ | アカアシチョウゲンボウ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ④ | トップページ | アカアシチョウゲンボウ »